>> 在宅ワークで副収入!まとめサイトはこちら

Travis(トラヴィス)のおすすめPV/MVまとめ!

ロック
スポンサーリンク

今回はOASISやRadioheadらとともに、90年代のブリットポップシーンを語るのに欠かせないバンドである、TravisのおすすめPV/MVをまとめました!

美しすぎるメロディに、ボーカル・フランのとっても繊細な歌声がなんともたまりません。

UKロック好きにはどの曲も要チェックですよ!

Travisってこんなバンド!

トラヴィス (Travis) は、スコットランド・グラスゴー出身のロックバンド。
デビュー当初はオアシスのフォロワー的な荒々しいサウンドだったが、セカンド・アルバム以降、内省的な歌詞にメランコリックな美メロ・バラードを持ち味とするバンドへと変貌し、レディオヘッドらとともに90年代後半のブリットポップ後のUKシーンの新たな潮流を作った。
1998年に渋谷クラブクアトロなどで初来日公演を行い、2001年と2008年にフジロック・フェスティバルに、2003年と2007年はサマーソニックに出演している。出典: wikipedia

UKを代表する美メロなブリットポップのバンドとしては、Coldplayも有名なのですが、Travisはまさにその源流ともいえるバンドです!

メンバー
Vo&Gt. Fran Healy (フラン・ヒーリィ)
Gt. Andy Dunlop (アンディ・ダンロップ)
Ba. Dougie Payne (ダギー・ペイン)
Dr. Neil Primrose (ニール・プリムローズ)

動画の連続再生はこちら

1. Flowers In The Window

Song by Travis

YouTube

2001年リリースの3rdアルバム「The Invisible Band」収録の1曲。こりゃ、まさに名曲と呼ぶにふさわしい。見えない(Invisible)バンドってアルバムのタイトルも渋いです。

2. More Than Us

Song by Travis

YouTube

1997年リリースのデビューアルバム「Good Feeling」から。このファーストアルバムはOasisフォロワーの香りがしまくりで、音もそっち寄りなんですが、この曲は以降のアルバムを示唆するかのような、もうこれでもかと思うくらいの美メロ。ストリングスアレンジが効いてます。
あと「More Than Words」を思い出したあなたは立派なおじさんですよ。

3. Love Will Come Through

Song by Travis

YouTube

2003年のアルバム「12 Memories」収録の1曲。出だしのメロディにやられます。PVはなぜかカウボーイスタイルでなんだかお茶目な感じ。

4. Turn

Song by Travis

YouTube

1999年の2ndアルバム「THE MAN WHO」より。サビで繰り返し歌われている「turn」という言葉には、もがき苦しみながらも進んだ末に何かを学ぶだろうという、回り道でもいいじゃない的な意味が込められているそうです。

5. Coming Around

Song by Travis

YouTube

3rdアルバム「The Invisible Band」からの1曲。ラーズを彷彿とさせるこれまたUKらしい美メロです。これまた茶目っ気たっぷりなPVです。たまごの殻に閉じこもった主人公が最後にみたものとは!?

6. Why Does It Always Rain On Me?

Song by Travis

YouTube

1999年の2ndアルバム「THE MAN WHO」から。1stはけっこうやんちゃな曲がおおくて、2ndでいきなりこの曲のような「なんで俺に雨がいつも降るんだ?17の時に嘘ついたから?」みたいな哀愁漂う感じに。

7. My Eyes

Song by Travis

YouTube

2007年リリースのアルバム「The Boy With No Name」から。妻とそのお腹にいる赤ちゃんに向けて作られた曲だそう。この曲のメロディはとても繊細で、思わずゾクっとします。

8. Sing

Song by Travis

YouTube

2001年リリースの3rdアルバム「The Invisible Band」収録の1曲。全英3位を記録したTravisで一番売れた曲。この軽やかな旋律はバンジョー。イギリスBBCの生放送音楽番組「Top of the Pops」出演時、メンバーでパイを投げまくってぐちゃぐちゃになりながらもフランは冷静に歌い上げたという逸話があります。

9. Driftwood

Song by Travis

YouTube

1999年の2ndアルバム「THE MAN WHO」収録の1曲。Driftwoodとは流木のことで、夢破れてしまったひとになぞらえた歌詞です。このアルバムのプロデューサーはRadioheadで有名なナイジェル・ゴッドリッチ。こういう哀愁たっぷりなサウンドは彼ならではかと。

10. Re-Offender

Song by Travis

YouTube

こちらはアルバム「12 Memories」から。曲のテーマとしてはDVなのでとても重い感じなのですが、悲しくも美しいメロディに彩られたバラードの名曲だと思います。

11. Moving

Song by Travis

YouTube

最後は白い息をスクリーンにつかったちょっと珍しいPVです。2013年リリースのアルバム「Where You Stand」に収録されています。とても幻想的で美しいPVですね!

    スポンサーリンク

まとめ・感想

どの曲も名曲と呼ぶにふさわしいものばかりでした。ボーカル・フランの「バンドは消えても曲が残ればそれでいい」という発言がまさにTravisというバンドのあり方を現しており、音楽と真剣に向き合う「職人」としての姿勢が伺えます。どの曲もおすすめですが、管理人のお気に入りは「Flowers In The Window」、「More Than Us」、「Turn」です!またサマソニに来てくれないかなー。

コメント