>> 在宅ワークで副収入!まとめサイトはこちら

死ぬまでに聴きたいメタル・ハードロック名曲バラードTOP10

ハードロック

こんにちは、ベア三郎です!

たまに、無性にHR/HMのバラードが聴きたくなりませんか!?

ってなわけで、

死ぬまでに一度は聴いておきたいメタル・ハードロックの洋楽バラードTOP10と題し、管理人の独断と偏見で後世に残る名曲をあつめました。

メタル・ハードロックならではの壮大かつ美しいバラードを是非ご堪能ください!

No.10   Love of a Lifetime

Song by Firehouse

第10位は90年代に活躍したハードロックバンド「Firehouse」の名曲「Love of a Lifetime」。

本国アメリカよりも日本、アジア諸国で根強い人気を誇り、アコースティックで割と聴きやすいバラードが多いのが特徴。

No.9   Home Sweet Home

Song by Motley Crue

第9位はご存知ヘヴィメタルの王者「Motley Crue」。セックス・ドラッグ・ロックンロールを合言葉に80年代から活躍し、現在までに全世界で8000万枚のセールスを誇るモンスターバンドです。

そんな彼らに似合わない、とってもハートフルなこの曲は2005年にアメリカ南部を襲った超大型ハリケーン・カトリーナの被災者救済イベントに提供された名バラードです。

No.8   Still Loving You

Song by Scorpions

第8位はジャーマン・ロックの帝王「Scorpions」から「Still Loving You」がランクイン。

ラブソングなのですが、実は当時の東西ドイツの分裂に対する疑問を投げかける政治的なメッセージも込められています。随所に入るマティアス・ヤプスの泣きのギターがたまらない名曲。

No.7   Journeyman

Song by Iron Maiden

第7位はイギリスが誇る世界的ヘヴィメタルバンド、Iron Maidenの壮大なバラード曲がランクイン。

80年代から90年初頭にかけてのヘヴィメタル・ブームの立役者でもある彼らが2003年に発表した壮大なバラード曲です。

created by Rinker
ワーナーミュージックジャパン

No.6   Sweet Child o’ Mine

Song by Guns N’ Roses

第6位はガンズの名曲「Sweet Child o’ Mine」!ボーカルのアクセル・ローズが当時のガールフレンドに捧げられたラヴソング。

なぜかシェリル・クロウがカバーしてグラミー賞をとっていますwスラッシュのギターソロがたまらない。

No.5   Is This Love

Song by Whitesnake

第5位はWhitesnakeの「Is This Love」。Whitesnakeは1977年に元ディープ・パープルのボーカル「デイヴィッド・カヴァデール」が中心となって結成されたバンドです。

渋すぎるデイヴィッド・カヴァデールのボーカル、ジョン・サイクスの泣きのギター、ハードロック好きにはどれを取ってもどストライクなはず。もはやここから上位は甲乙付け難い。

No.4   Crazy

Song by Aerosmith

第4位はエアロスミスのCrazy。エアロスミスは他にも歴史的バラード曲がいっぱいありますが、あえてこのラヴソングを4位にしました。

PVには娘のリブ・タイラーがでてます。もう一人は女優アリシア・シルヴァーストーン。

No.3   I Remember You

Song by Skid Row

第3位はアメリカのヘヴィメタルバンド「Skid Row」の名曲「I Remember You」。HM/HRムーヴメントの後期1989年にデビュー。

Bon Joviのボーカル、ジョン・ボン・ジョヴィの幼馴染だったギタリストのデイブ・スネイク・セイボと、ベーシストのレイチェル・ボランを中心に結成されたバンド。

魂のこもった熱いボーカル、これでもかと唸りをみせる泣きのギターが最高。

No.2   To Be With You

Song by Mr.Big

まはや説明不要のMr.Bigの名曲バラード。90年代のグランジムーヴメントが世界を席巻する中、世界のHM/HRファンの間ではMr.Bigがしばしの心の支えとなるのでした。

哀しいかな、日本ではある程度の成功があったものの、世界的に見ればMr.Bigは生まれた時期が悪かったとしか言いようがない。

セールス的にはこの曲だけの成功となりました。しかしながら、当時の日本のギターキッズたちは、超絶技巧ギタリストのポール・ギルバートが魅せるギターテクに身悶えたものです。

created by Rinker
ワーナーミュージックジャパン

No.1   More Than Words

Song by Extreme

栄えある第1位はやっぱりこの曲。Extremeの「More Than Words」です。とても美しいメロディラインにのせた、最高のラヴソング。ポールギルバートに並ぶ超絶技巧ギタリスト、ヌーノ・ベッテンコートのギターフレーズに心が震えます。

まとめ・感想

70年代〜80年代にチャートを賑わせていたHM/HRムーヴメントは、90年代からブリット・ポップ、グランジムーヴメントによって徐々に陰りを見せることになります。ブリッド・ポップやグランジもいまや古臭い感じもして時代の流れというものを感じますが、ここで紹介した名曲たちは、いつ聴いてもホント胸が熱くなりますね!

コメント

  1. […] 2015.08.102019.01.09 死ぬまでに聴きたいメタル・ハードロック バラードTOP10! 2015.05.102019… KISSの魅力が今すぐわかる名曲まとめ!(10曲) 2015.04.192018.11.22 […]

  2. […] 死ぬまでに聴きたいメタル・ハードロック バラードTOP10! ロック洋楽 HARD ROCKROCKかっこいい名曲 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); シェアする Twitter Facebook1 はてブ0 Pocket0 […]