>> 在宅ワークで副収入!まとめサイトはこちら

【名曲紹介】Blur(ブラー) Beetlebum PV

ロック

今回はイギリスの国民的ロックバンド、「ブラー」の名曲「Beetlebum」をお届けします!1997年発売のアルバム「Blur」に収録されたこの曲は、全英シングルチャート1位に輝いたブラーを代表する1曲です。

ブラーはこんなバンド

1990年代以降の英国を代表するオルタナティブ・ロックバンド。デビュー当初はキンクスやビートルズの再来と注目され、1994年のブレイク時はブリットポップムーブメントの代表格として一世を風靡した。ブーム終息以後も様々な音楽性を横断しながら独創的な活動を行っている。後進のバンドに与えた影響も大きく、1990年代からのイギリスのロックシーンを代表する存在として人気は高い。出典:wikipedia

バンドは2003年に7thアルバム『シンク・タンク』をリリース以降活動ペースを緩め、長らく活動停止状態が続いていたが、2009年の夏から再び活動を開始している。

メンバー
デーモン・アルバーン(Damon Albarn、1968年3月23日 – ) – ボーカル、キーボード、ギター
グレアム・コクソン(Graham Coxon、1969年3月12日 – ) – ギター、ボーカル、コーラス、サックス、ドラムス
2003年に脱退したが、2009年に復帰。
アレックス・ジェームス(Alex James、1968年11月21日 – ) – ベース、ウッドベース
デイヴ・ロウントゥリー(Dave Rowntree、1964年5月8日 – ) – ドラムス、パーカッション、サブボーカル 出典:wikipedia

2003年に発表した7thアルバム「Think Tank」のレコーディング中に、なんとギターのグレアムが脱退し、一時活動休止となっていましたが、グレアムが復帰して2009年から活動を再開しました。なんと嬉しいことでしょう。このアルバムのギター意外に結構好き

Beetlebum

Song by Blur

まさに名曲中の名曲。イントロのグレアムのギターでご飯5杯くらいいける。Beetlebumは造語ですが、薬物中毒者のことらしいです。
アウトロの「He’s on, he’s on, he’s on it」とかもめっちゃいい。サイケ。

Tender

Song by Blur

当時ボーカルのデーモンが付き合っていた彼女に向けた別れの曲だそうです。

End Of A Century

Song by Blur

1994年に発売された3rdアルバム「Parklife」から。蟻の大群が押し寄せてきた事件のことを書いているらしい(なんのこっちゃろ)。

何百回聴いてもBeetlebumサイコー。

Song2

Song by Blur

Blurは最近でもCMで曲が使われてたりして、いまでも結構いろんなところで耳にします。

また時間ある時にBlurまとめたいです。

コメント

  1. yarlesac.com より:

    Upcoming New Releases: Going with a similar concept above, when you have a friend in radio or arre just
    really ahead with thhe curve musically, you may produce a
    site that lists and describes the upcomjng
    new album releases. However, each time a blogger does enjoy what he
    writes about, he’ll probably adhere to it for some time time.
    This is a gesture of fine will iin hopes that other blogers will perform a similar.

  2. visit now より:

    No matter if some one searches for his necessary
    thing, therefore he/she needs to be available that in detail, thus
    that thing is maintained over here.