【最大2.5%還元】Amazonギフト券チャージキャンペーン!

【2020年・価格帯別】音楽ブロガーが本気でおすすめするBluetoothスピーカー

ガジェット

こんにちは、音楽ブロガーのベア三郎です!

 

ベア三郎
ベア三郎

ところで、最近流行りのBluetoothスピーカーみなさん使っていますか?

 

スマホだけでも音楽は聴けますが、スマホのスピーカーとは一線を画す音質で、安価なものでも1台あると、とてもリッチな気分が味わえます!

 

お風呂やキッチン、アウトドアなどで、大好きな音楽を流すのはやっぱり最高です。

 

そこで今回は、音楽ブロガーの筆者が、価格帯別に本気で選んだ『ポータブルBluetoothスピーカー』をご紹介したいと思います!

 

ベア三郎
ベア三郎

Bluetoothスピーカーに興味はあるけど、沢山あってどれを選べばいいのかわからん…

と考えている方におすすめの記事です。

 

どうぞ、最後までお付き合いください!

音楽ブロガーが選ぶ、おすすめのBluetoothスピーカー (2,000 – 5,000円)

JBL / JBL GO 2

参考価格:2,913円 ※執筆時点

 

JBLは古くからあるアメリカの老舗音響メーカーで、確かな技術力で定評のあるメーカーです。

 

『JBL Go 2』の魅力はなんと言ってもコストパフォーマンス!

 

3,000円未満のBluetoothスピーカーは残念な音質なものが多いのですが、

 

このスピーカーは群を抜いて音質がいいと思いました。

 

さらに、わずか184gという軽さと、この値段で防水も備えるのは頼もしいの一言。

 

お風呂での利用はもちろん、アウトドアやBBQに持っていくも全然アリ。

 

このスピーカーの残念なところは、低音域がちょっと弱いところです😆

 

それでも、この価格でそれなりの音質と防水性能を備えている点は見逃せません。

ベア三郎
ベア三郎

まず試しにBluetoothスピーカーを買ってみたい、という方には自信を持っておすすめできるスピーカーです!

 

あと、カラバリが6色もあって、JBLのロゴもかっこいいですよね。

 

音質  :★★☆☆☆
サイズ :7.12 x 8.6 x 3.16(cm)
重量  :184g
バッテリー駆動時間:約5時間

Anker / Soundcore 2

参考価格:4,999円

 

モバイルバッテリーや急速充電器でお馴染みのAnker。

 

実は元Googleのエンジニアが作った会社だって知ってましたか?

 

2011年設立と歴史の浅いメーカーですが、信頼性があって品質が良いことで有名です。

また、日本にもサポート拠点があって、国内メーカーとほとんど変わらないサポートです。

 

そんなAnkerからも、実はBluetoothスピーカーがリリースされています。

現行機は2世代目で、控えめに言っても5,000円を切るスピーカーとは思えないクオリティです。

 

その秘密はAnker独自技術の『BassUpテクノロジー』。

 

コンパクトスピーカーの弱点である低音域をカバーすることで、豊かで深みのある音色に仕上がっています。

さらに、Ankerといえばバッテリーということで、連続再生が最大24時間と驚きの長さです。

 

もちろん防水性能(IPX7)も備え、アウトドアやお風呂で使う程度なら問題ありません。

 

SonyのSRS-XB12と迷うところですが、Anker Soundcore2のいいところは、

なんと言ってもコスパと長時間駆動するバッテリー。

 

 

ベア三郎
ベア三郎

サイズ的には手のひらに収まるSRS-XB12ですが、「コスパが良くてバッテリーが長持ちする方がいい!」という方にはピッタリです!

 

 

迷ったらコレを選べば大丈夫かなと。

 

音質  :★★★☆☆
サイズ :11.8 x 8.8 x 8.6 cm
重量  :245g
バッテリー駆動時間:最長24時間
防水性能:IPX7
※一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がない。絶対浸水しない訳ではないので注意。

Amazon / Echo Dot (エコードット)第3世代

参考価格:5,980円

 

ご存知、AmazonオリジナルブランドのAIスピーカーの第3世代です。

AIスピーカーとしてはAlexaが優秀なので、言わずもがなですが、特筆すべきはその音質の良さ

 

1世代前のEcho Dotを持っていたのですが、別次元に音質が良くなりました。

 

高音域のクリアさは少々欠けますが、それを補って余りある中音域と低音域の豊かさ。

 

え?本当に5,980円?と疑いたくなる音質です。

 

 

このスピーカーの弱点は、電源に繋がないと動かないので、簡単には持ち運べないという点です…。

 

ベア三郎
ベア三郎

AIスピーカーに興味があって、さらにBluetoothスピーカーは室内だけで使うという方には本当におすすめできるスピーカーです!

 

音質  :★★★☆☆
サイズ :43 mm x 99 mm x 99 mm
重量  :300g
バッテリー駆動時間:なし(要電源)
防水性能:なし

Sony / SRS-XB12

参考価格:7,878円

 

SonyのポータブルBluetoothスピーカーでは割と低価格帯のモデルです。

 

ちょうど男の人の手のひらに収まるようなサイズで、防水性能(IP67)を備え、お風呂で聴いたり、アウトドアにはもってこいです。

 

このスピーカーは、底面に『パッシブラジエーター』を搭載しており、コンパクトなスピーカーであっても、豊かな低音域が出るように工夫されています。

 

また、φ約46mm口径のフルレンジスピーカーを採用していて、中高音域の解像度がとてもクリアになっています。

 

 

Amazonの『Echo Dot』と好みが分かれるところなのですが、クリアな中音域と伸びのある低音域はさすがSonyといったところ。

 

低音域をウリにしていますが、全体的にバランスの取れた音質だと思います。

 

それでいて、価格も5,808円(執筆時点)ですから、Echo Dotと比べて持ち運びのできるこちらのスピーカーをメインとして使ってもいいと思います。

 

 

ベア三郎
ベア三郎

リビングでやお風呂で、時々JーPOPやロックを聴くという用途なら、本当にこれで十分です!

 

音質  :★★★☆☆
サイズ :11.8 x 8.8 x 8.6 cm
重量  :245g
バッテリー駆動時間:最長16時間
防水性能:IP67
※IP67:一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がない。絶対浸水しない訳ではないので注意。

音楽ブロガーが選ぶ、おすすめのBluetoothスピーカー(8,000 – 12,000円)

Sony / SRS-XB22

参考価格:9,091円

この価格帯になってくると、音質が明らかに異なり、本当にリッチな気分で音楽が楽しめると思います。

スマホのスピーカーだけで再生していた頃には戻れなくなるレベルです。

 

こちらのSony SRS-XB22の特徴はなんと言っても低音域の良さ。

防水性能も備え、連続再生時間は12時間と十分です。

 

また、XB12にも搭載していた「パッシブラジエーター」を2つも搭載し、

さらに、

EXTRA BASSという低音ブーストをONにすると、まるでフェスやクラブのような雰囲気に。

 

低音重視の音楽が好きな方にはガッツリハマるスピーカーです。

 

EXTRA BASSのほかに、臨場感をアップさせるライブサウンドモードもあり、その時の気分や音楽に合わせて音質を変えられるのは強みと言えます。

個人的にはもう少し高音域の広がりが欲しいところですが、ここは好みの問題になってきます。

 

ベア三郎
ベア三郎

2万円以上するような、ハイエンドモデルは流石に要らないが、音質にこだわりたいという方におすすめですよ!

 

音質  :★★★★☆
サイズ :約201mm×72mm×68 mm
重量  :540g
バッテリー駆動時間:約12時間(Standardモード)/約10時間(EXTRABASSモード)
防水性能:IP67
※一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がない。絶対浸水しない訳ではないので注意。

JBL / FLIP 5

参考価格:8,474円

 

お馴染みアメリカの老舗音響メーカーJBLのスピーカー。

 

同様にこの価格帯になってくると、十分良い音が出るスピーカーが多くなってきます。

 

ちょうど、価格的にも先ほどのSony SRS-XB22のライバル商品です。

 

 

さすがJBLといったところで、こちらも全体的にバランスの取れた、とても聴きやすい音質です。

 

 

強いて言うならXB22より、高音域がクリアでポップスやR&Bが映えるような音質でしょうか。

 

低音域も十分出ますが、XB22ほどは出ません。

 

ベア三郎
ベア三郎

この価格帯でバランス重視のスピーカーをお探しなら、間違いなくJBL FLIP5でしょう。

 

音質  :★★★★☆
サイズ :6.9 x 18.1 x 7.4 cm
重量  :540g
バッテリー駆動時間:最長12時間
防水性能:IPX7
※一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がない。絶対浸水しない訳ではないので注意。

Amazon / Echo (エコー) 第3世代

参考価格:11,980円

 

Amazon Echoはご存知の通りAIスピーカーです。

先ほどのSony XB22やJBL FLIP4と同レベル帯の音質で、さらにAI機能のAlexaも備えています。

 

持ち運びこそできませんが、スピーカーの性能的には上位スピーカーにも匹敵する音質の良さです。

Echo Dotもそうですが、本当にこの価格でこの音質というのは驚きを隠せません。

 

バランスの取れた音質で、低音もしっかりでています。

 

ベア三郎
ベア三郎

そこそこ良い音を求め、AIスピーカーにも興味がある方には持ってこいのスピーカーです!

 

音質  :★★★★☆
サイズ :148 x 99 x 99 mm
重量  :780g
バッテリー駆動時間:なし(要電源)
防水性能:なし

音楽ブロガーが選ぶ、おすすめのBluetoothスピーカー (20,000円〜)

Bose / SoundLink Mini Bluetooth speaker II スペシャルエディション

参考価格:23,099円

 

さぁ、ここからの価格帯は音質に妥協したくない層に向けたスピーカーたちです!

毎日使うものだから、良い音を求めたい。

 

さて、お馴染みBOSEはアメリカの老舗音響メーカー。音質は折り紙付きです。

これまでの価格帯のスピーカーとは明らかに音質が1つ上になります。

 

ドッシリした低音域、豊かな中音域、広がりのある高音域・・・。

とてもバランスがよく、音圧も十分です。

 

低音用ユニット「デュアル・オポージング・パッシブラジエーター」を備え、ポータブル性を維持しつつも、据置型スピーカーのような音質を再現しています。

 

手のひらくらいのサイズから、想像できないほどド迫力の音が出ますので、最初は戸惑っちゃいますw

 

1点残念なところは、防水ではないところ。お風呂には持っていっちゃダメですよ〜

 

ベア三郎
ベア三郎

まさにワンランク上のスピーカー。リッチな音を求めたい方に、ピッタリなスピーカーだと思います♪

 

音質  :★★★★★
サイズ :180W×51H×58Dmm
重量  :680g
バッテリー駆動時間:最長12時間
防水性能:IPX7
※一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がない。絶対浸水しない訳ではないので注意。

Sony / SRS-HG10

参考価格:19,393円

 

先ほどの『BOSE SoundLink Mini』のライバルになるのが、こちらの製品『SRS-HG10』。

 

こちらの特徴は、なんといっても『ハイレゾ』音源に対応しているところです!

 

もちろん、下位機種にあったデュアル・パッシブラジエーターやEXSTRA BASSを備え、さらにApple Musicなどの定額配信サービスをハイレゾ相当の高音質にアップスケーリングする機能も有し、機能面ではBOSEを上回ります。

 

また、『BOSE SoundLink Mini』に比べると若干ですがお安いです。

 

低音域はBOSEと全く異なる表現方法ですので、迷ったらYoutubeの比較動画を見てください。
※BOSEは1つ前のモデルです

 

それでも、十分な低音がでていて、音質が全体的にクリアでバランスが良いです。

 

特に、高音域と中音域の抜けが良いですね。ポップスやロックを聴くのに持ってこいです。

 

低音域の表現は、BOSEの方が僕は好きですが、ここまでくると好みの問題です。

BOSEは結構低音が前に出てくる感じ。

 

この製品は、全体のバランスを求め、特にハイレゾの再生にこだわりのある方におすすめです!

 

 

ベア三郎
ベア三郎

防水性能は無いみたいなので、お風呂には持ち込めませんが、アップスケーリングは嬉しいの一言。買って損はないと思いますよ!

 

 

音質  :★★★★★
サイズ :約204×62×60mm
重量  :約700g
バッテリー駆動時間:最長12時間
防水性能:なし

Sony / LSPX-S2

参考価格:44,859円※5,000円キャッシュバックキャンペーン中

 

一見すると、キャンプで使うランタンのような形状をしたスピーカー。

 

その上品な外観はまさに美しいの一言です。

 

もちろんSonyなので、見た目が美しいだけでは無く、注目はこちらのガラス管

 

このガラス管が振動することによって、とても美しい高音域が出るようになっているんです!

 

さらに、ガラス管の下あたりの隙間からは小径35mmのウーファーを備えていて、

こちらが中音域を豊かに表現しています。

 

また、Sonyのポータブルスピーカーではお馴染みの『パッシブラジエーター』備わっていて、

底面から低音域が伝わるような仕様です。

 

ハイレゾ音源の再生もでき、もちろんアップスケーリングにも対応。

 

ハイレゾでは無い音源でも、より良い音に近づけてくれます。

 

あと、何と言ってもこの製品の一番の特徴は、360度に音が広がる「サークルサウンドステージ」

この機能のおかげで、音の減衰が少なく、部屋のどこにおいても良質な音で音楽が楽しめます!

 

意外とスピーカーを置く場所って、気を使うんですよね。

 

 

ベア三郎
ベア三郎

キャンドルライトのような光も出ますので、キャンプのランタン的な使い方もできるのは良いですね!

 

ちなみに32段階も調光できて、意外と明るかったです。

 

テーブルランタンとしても使えそうです。

 

音質  :★★★★★
サイズ :約Φ90mm×277mm
重量  :約1100g (充電池を含む)
バッテリー駆動時間:最長8時間
防水性能:なし

参考価格:32,450円

 

ラストにご紹介するのは、お馴染みBOSE最高クラスのポータブルBluetoothスピーカー、

 

SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker』です!

 

ベア三郎
ベア三郎

筆者はこちらを使っていますが、何と言ってもびっくりするくらい音が良いです。

 

先ほどのSony LSPX-S2と同様、360度に広がるサウンドが特徴で、部屋のどこに置いても良質な音楽が楽しめます!

 

その上、防水機能も付いていて衝撃にも強く、お風呂場やキッチン、アウトドアでも大活躍。

 

特にアウトドア好きな筆者が助かっているのは衝撃耐性。

外でも気兼ねなく扱えるのは非常に楽チンです♪

 

 

ベア三郎
ベア三郎

ここまでで紹介した中でも屈指の音質を誇る上、お外でも使える攻守抜群のこちら。お値段もそれなりですが、満足できる一品だと自信を持って断言できます。

 

 

音質  :★★★★★
サイズ :10.5 cm(W) x 18.4 cm(H) x 10.5 cm(D)
重量  :900g
バッテリー駆動時間:最長16時間
防水性能:IPX4
※IPX4ではあらゆる方向からの水の飛沫が対象。 少々の雨や水しぶきは耐えられる仕様です。

スピーカーと一緒に使うと便利!定額制聴き放題サービス

Apple Musicのような定額制の音楽聴き放題サービスと、ポータブルBluetoothスピーカーの相性は最高です!

 

CDから音楽を取り込んだり、ダウンロードする必要すらありません!

 

スマホと接続して、いくらでも好きな曲がいつでも聴けるのは至福の一言。

定額制なので、大好きなアーティストの新曲やアルバムなど、何曲聴いても同じ値段です!

 

ベア三郎
ベア三郎

その時の気分でジャンルを選択!もう延々と聴いてられます♪

 

気になる方は、ぜひ一度、登録してみてください!

今なら3ヶ月無料で試すことができます♪

AppleMusic3ヶ月無料

まとめ・感想

 

以上が「音楽ブロガーが本気でおすすめするBluetoothスピーカー」でした!

 

ベア三郎
ベア三郎

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

最近は、低価格帯であってもそれなりに良い音が出るスピーカーが増えました。

 

スピーカーは基本的に音質=価格になっていますが、いきなり高価なモノを買う前に、気軽に買える価格帯で試してみるのもいいと思います。

 

ここで価格帯別、筆者のおすすめスピーカーをまとめてみます。

👑 2,000 – 5,000円:Anker / Soundcore 2
👑 5,000 – 8,000円:Sony / SRS-XB12
👑 8,000 – 12,000円:Sony / SRS-XB22
👑 20,000円以上:Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker

Bluetoothスピーカーは、一度使ってみるとマジで手放せません!

 

ベア三郎
ベア三郎

1つ持っておくと、めちゃくちゃ便利です♪

 

以上が、音楽ブロガーがおすすめするBluetoothスピーカーでした!

それでは、また別の記事でお会いしましょう!

最後に…

Amazonでちょっとでもお得に買い物するなら、Amazonの通貨でもあるAmazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

現金でチャージするたび、プライム会員なら2.5%通常会員でも2.0%のAmazonポイントが付きます!


※出典:Amazonチャージ
つまり、1度に90,000円チャージするだけで、通常会員なら1,800円プライム会員だと2,250円分のポイントがタダで貰えることになります。プライム会員なら使わないと損ですよ!

Amazonでお買い物するなら、とってもお得なAmazonギフト券。

ぜひ、一度お試しください!

コメント