【最大2.5%還元】Amazonギフト券チャージキャンペーン!

【最安値】縛り無し!契約・解約手数料ゼロ!現役ネットワーク系SEがおすすめする『最安値保証WiFi』

ガジェット

どうも、外でPCを触る際はもっぱらモバイルルーター+格安SIMのベア三郎です。

ちなみに、筆者はそれほど外でPCを触る機会がないので、イオンモバイルの格安SIMを使っています。

ドコモLTE回線で6GB まで使えて、月々1,480円と業界最安値水準。

 

ベア三郎
ベア三郎

出先でサクっと記事を書く程度なら、全然問題ありません!

 

今回、実家のネット回線を見直すことになり、モバイルWiFiにしようと思ったのですが、いくらデータ通信が少ない両親でもイオンモバイルは厳しい印象。

50GBだと、月々8,480円もしちゃって、これでは固定回線の代わりは難しい…。

とはいえ、他のモバイルWiFi(ポケットWiFi)は月額料金が安くても、契約期間に縛りがあったりして解約手数料がムダに高いです。

 

ベア三郎
ベア三郎

解約タイミングによっては1〜2万円することもザラ…💦

 

というわけで、現役ネットワーク系SEの筆者が各社サービスを徹底調査。その結果、現時点でベストと断言できるモバイルWiFiサービスを見つけました。

 

ベア三郎
ベア三郎

それが『最安値保証WiFi』です♪

 

なんと、データが使い放題で月々たったの3,280円。もちろん初期費用、解約手数料も0円!

さらに、よくある3日で10GBなどの通信制限も無く、おまけに端末(モバイルルーター)も無料でレンタル出来ちゃうという、モバイルWiFiサービスの常識を打ち破るサービスなのです。

本当にお得なの?という声に応えるべく、現役ネットワークSEの筆者が『最安値保証WiFi』がベストという理由について、できる限り丁寧に紹介していこうと思います。

 

この記事はこんな方におすすめ!

とにかく安くWiFiを使いたい
契約期間を決めずに使いたい
データ容量を気にせず使いたい

 

各サービス事業者の料金比較

最安値保証WiFiは、その斬新なサービス名の通り、業界最安値を謳うWiFiサービスです。

某超有名ガジェットレビューサイトでイチ押しとされている2社と比較してみました。


 ※1年目9,000円、2年目5,000円、3年目以降0円

いずれも容量無制限で、速度制限無しとサービス面ではピカイチ。

月額費用ではMugen WiFiと並ぶ料金ですが、「最安値保障WiFi」の方が初期費用が0円とお得です!

また、解約費用も0円と、ややこしい話も一切ありません。

 

ベア三郎
ベア三郎

この安さで、容量無制限なんて向かうところ敵なしではないでしょうか。

\ CHECK NOW /

『最安値保障WiFi』の通信速度

最安値保障WiFiは、以下の3つの端末のうちどれかが届きます。

取扱端末

それぞれスペックは異なりますが、どの機種でもSoftbankのLTEを使います。

どの機種が良いの?

どの機種でも『Youtube』や『Amazon Prime Video』など、動画を観るには十分な速度が出ます。

回線も全てSoftbankなので、自分の地域で使えそうか、以下のページで確認できます。

ソフトバンク公式サイト

※モバイルデータ通信を選び、メーカーをファーウェイ、機種はPoket WiFiを選んでLTEの地域を確認してください。

 

ベア三郎
ベア三郎

どの機種でもSoftbankのLTE回線を使うので速度に大差はないです♪

 

なお、やっぱり他の端末が良いと思った場合は、到着した後から端末交換可能です。

一度試して、ダメなら交換できる。これなら安心ですね♪

こんなに安いなら電波が心配・・・?

ご安心ください♪どのモバイルWiFiサービスも同じ仕組みですが、最安値保障WiFiは、Softbank LTEと全く同じ電波を使っています。

 

ベア三郎
ベア三郎

安いからと言って、サービスエリアや通信速度は心配する必要はありません。

\ CHECK NOW /

『最安値保障WiFi』のデメリット

ベア三郎
ベア三郎

デメリットも把握しておきましょう♪

最安値保障WiFiのデメリットを挙げるとすれば、「0円だけど貸し出してくれる端末が若干古い」ということ。

とはいえ、古いと言ってもW04は2017年、W05は2018年の端末です。

そもそも回線はLTEなのですから、受信スピードのスペックは違えど、どの機種でも速度が大きく異なることはありません。

しかも、不満があれば、後から交換もできますからね♪

 

ベア三郎
ベア三郎

モバイルルーターとして十分なスペックを持っており、1~2世代前の端末でも利用に全く問題はありません。

 

『最安値保障WiFi』のよくある質問

Q. 端末はどれが届きますか?

A. 全くのランダムです。もし到着後、電波状況が悪い場合は他の端末に交換してくれます。

 

Q. 通信制限はありますか?

A. よくある1日2GB, 3GBまでと言った制限はありません。

 

Q. 「最安値保障」とは何ですか?

A. 契約事務手数料なし、解約手数料なし、契約期間縛りなしのモバイルWiFiの中で、月額料金が最安値であることを保証するものです。

 

Q. 月額料金以外にかかる費用は?

A. 端末の故障・紛失・水没時には10,000円(税抜・補償サービス加入時、未加入時は40,000円(税抜))の費用が発生します。またSIMカードの再発行が必要な場合、再発行料3,000円(税抜)が掛かります。初期費用、契約手数料、解約手数料、解約違約金、端末代金、初回送料はかかりません。

 

Q. いつでも解約できますか?

A. 1ヶ月間の最低ご利用期間が経過した後はいつでも解約できます。解約にあたり違約金や手数料はかかりません。

まとめ・感想

本記事では、現役ネットワーク系SEが「最安値保証WiFi」の良いところ、悪いところを正直ベースで書きました。

最安値保証WiFiは、「月額費用」を抑えつつ、契約期間に縛られず、さらにデータ通信量が無制限で使い放題という、非常にコスパに優れたサービスであるとわかりました。

どれにしようか悩んでいた実家のネット回線ですが、間違いなく最安値保証WiFiに決まりです!

現役ネットワーク系SEの目線で見ても、不要なサービスを徹底的に削ぎ落とした素晴らしいサービスだと思います♪

良いところ

 データ無制限で月額3,280円と業界最安値
契約期間の縛りが無い
初期費用0円、契約事務手数料0円

残念なところ

0円だけど端末がちょっと古い
回線がSoftbankのみ

 

ベア三郎
ベア三郎
今のところ、これより条件の良いサービスは見当たりません♪

 

データ通信費を抑えたいなら、家の回線を最安値保証WiFiに切り替えちゃうことをおすすめします!

以上、ベア三郎でした。

 

\ CHECK NOW /

コメント