【最大2.5%還元】Amazonで買い物するならAmazonチャージ!

【2021年版】キャンプブロガーが選ぶ!おすすめLEDランタン

キャンプ

皆さん、こんにちは。キャンプブロガーのベア三郎です。

キャンプの夜に欠かせないランタン。液体燃料タイプのランタンは外観に味があって個人的に好きなのですが、取り扱いが難しいことがネックです。そこで今回は、キャンプブロガーである筆者がおすすめするLEDランタンをご紹介します。

Sponsored Links

LEDランタンの選び方

用途別に適したランタンを選ぶ

ランタンは用途別に3つ以上用意するとよいでしょう。3~4人家族のファミキャンであれば、こんな感じです。

メインランタン…テントサイト全体を照らす高輝度なランタン。
テーブルランタン…食事をするテーブルに置くランタン。虫が寄り付かないようにメインランタンより輝度が低いものを選びます。
テント内ランタン…テントの中で使うランタンです。テーブルランタンと同じか、それより小型のものでも大丈夫です。

ベア三郎
ベア三郎

サイトの構成によって、テーブルランタンを増やしたり、タープにぶら下げるランタンを追加するとよいでしょう。

機能を確かめる

電池式かバッテリー式か…電池式は重く、サイズも大きくなるのでかさばります。さらに、バッテリータイプはスマホと同じモバイルバッテリーで充電可能ですので、いざというときに非常に便利です。

輝度(ルーメン)は十分か…特にメインランタンは、1,000ルーメンを超えるランタンを選びましょう。

Prism CLAYMORE ULTRA 3.0L

防災にも!最大2,700ルーメン

主な用途:メインランタン

ガスランタンに匹敵する光量を持つ、メインランタンの大本命。最大2,700ルーメンのPrism CLAYMOREが1つあると、強力にサイト全体を照らせます。

筆者もメインランタンの1つとして、先代のCLAYMOREを使用していますが、驚くほど十分な光量が得られ、かつ頑丈なところが気に入っています。ある程度雑に扱っても全く壊れる気配がありません。また、モバイルバッテリーとしても使えますので、いざというときに頼りになる最強のLEDランタンです。

LUMENA(ルーメナー) LUMENA2

コンパクトでもメインランタンとして十分な実力

主な用途:メインランタン

LEDランタンブームの先駆けとなったLUMENAシリーズの最新作。506gと軽量かつコンパクトながら、1,500ルーメンの光量でサイト全体を明るく照らすことができます。キャンプにぴったりなカラーラインナップで、お好みのカラーが選べます。

こちらもモバイルバッテリーとして機能しますので、キャンプ最終日にスマホを充電するのもあり。また、IP67相当の防水防塵仕様となっていますので、うっかり水に落としてしまっても、すぐに拾えば大丈夫。アウトドアにぴったりなLEDランタンです。

Coleman(コールマン) マルチパネルランタン

分割出来て、ライトにもなる!

主な用途:メインランタン

燃料ランタンの老舗メーカーであるコールマン。LEDランタンにもチカラを入れていて、取り外しができるLEDランタンが人気です。約800ルーメンの明るさで約20時間動きますので、2泊3日程度であればメインランタンとして十分機能します。また、いざという時に防災グッズとしても非常に優秀。

BALMUDA(バルミューダ) The Lantern

ずっと飽きないデザイン

主な用途:テーブルランタン

特徴的なデザインと優れた機能性で知られる国内メーカー『バルミューダ』が作ったLEDランタン。約195ルーメンはテーブルランタンとしての光量は十分で、これ1つあるだけでキャンプの雰囲気がガラリと変わってオシャレになります。

優れたインテリア性を備えるため、キャンプの時だけではなく、普段から寝室の読書灯としても全然使えます。そう考えると、多少お高いですがキャンプの時しか使わないLEDランタンと比べて良コスパと言えます。

キャプテンスタッグ ランタン

激安アンティークランタン

主な用途:テーブルランタン

コスパに優れた国内メーカーとして知られるキャプテンスタッグより、おしゃれなアンティークLEDランタンが、なんと2,000円台で買えるお値段で発売されています。

LEDの色は暖色のみと割り切った仕様ですが、テーブルランタンとしては十分です。乾電池式なので、リチウムイオン電池など再充電できる電池と組み合わせることをおすすめします。また、防水性がない点もご留意ください。

NaFro(ナフロ) 「意外と便利なランタン」

折り畳めて、ソーラー充電にも対応!

主な用途:テーブルランタン、テント内ランタン

小さく折り畳めるバッテリータイプのランタンです。ランタンはかさ張るアイテムなので、スペースが少なく済むのは嬉しい限り、また、通常のUSB充電の他、ソーラーパネルを備えているので太陽光で充電も可能です。


ベアボーンズ ビーコンライト LED2.0

テント内ランタンの決定版!

主な用途:テント内ランタン

有名キャンパーがこぞって購入している大人気のLEDランタン『ベアボーンズ ビーコンライト 』。おしゃれな外観に魅了される方も少なくないはず。最大220ルーメンと、テント内ランタンとしては十分な実力。上部に付いているカラビナで、テントに吊り下げしやすい仕様となっています。

Beszing LEDランタン

安いのに超優秀!

主な用途:テント内ランタン

小型・軽量なのに5,200mAhの大容量バッテリーを搭載。十分な明るさがありますので、テント内だけではなく、テーブルランタンとしても問題ありません。いわゆる中華製アイテムですが、2,000円台で買えますが、中華製とは思えない耐久性を備えています。実は筆者も3つ所有しており、十分な実用性を実感しています。

まとめ

本稿では『【2021年版】キャンプブロガーが選ぶ!おすすめLEDランタン』について書きました。

LEDランタンは、ガスランタンより扱いやすく、テントの中でも安心して使えるキャンプのマストアイテムです。

ベア三郎
ベア三郎

ここ数年、安くても明るく、バッテリー持ちが良いもが増えました。

テントやタープ、テーブルランタンにメインランタンと、ファミキャンになると意外に多くのランタンが必要になりますが、用途ごとに最適なものを選ぶと、余計なコストを掛けずに揃えることができると思います。

以上、ベア三郎でした!

コメント