【最大2.5%還元】Amazonで買い物するならAmazonチャージ!

【2021年版】ガジェットブロガーがおすすめする、コスパ最強のスティック型コードレス掃除機

スティック型掃除機

皆さん、こんにちは。ガジェットブロガーのベア三郎です。

掃除機は日々進化しており、一昔前までコードレスのスティック型掃除機は吸引力が低く、そこまで軽量なものは少なかったのですが、今では安価なモデルでも高級機に迫る機能性に優れたスティック型コードレス掃除機が増えてきました。

とは言え、色々なスティック型コードレス掃除機があって、どれがコスパいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、家電好きガジェットブロガーである筆者がスティック型コードレス掃除機の中から、コスパ最強と思える掃除機をご紹介したいと思います。

ベア三郎
ベア三郎

コスパに優れたモデルを一挙ご紹介します。

Sponsored Links

おすすめのスティック型コードレス掃除機

アイリスオーヤマ 充電式サイクロンスティッククリーナー パワーヘッド SCD-141P

ここがおすすめ!
・執筆時点で9,000円台と財布に優しい
・わずか1.3kgの軽量・スリム仕様
・モーターの力でブラシを回転させゴミをかき出すパワーヘッド搭載
・吸引力が衰えない2段遠心分離のサイクロン方式

9,000円台とは思えない機能性が魅力!

コストパフォーマンスの高いジェネリック家電で有名なアイリスオーヤマ。『SCD-141P』は、執筆時点で9,000円台と安価ながら、トップメーカー並みの機能性を備えたスティック型コードレス掃除機です。

はやりのパワーヘッド、2段遠心分離のサイクロン方式を備えながら、重量は1.3kgなので、どこでも気軽に使えるスティック型コードレス掃除機です。

amazon.co.jp

極細の外見からは想像がつかない吸引力で、2200mAhの大容量バッテリーを搭載。パワフルなのに電池長持ちで、最大約35分の連続使用が可能です。手軽にさっと掃除がしたいときには十分な使用時間です。

amazon.co.jp

スティック型とハンディ型が選べる2WAY仕様

amazon.co.jp

スティック型掃除機ですが、ノズルを調整することでハンディ型としても使えます。このサイズなら車内の掃除にも活躍できそうです。

こういう気遣いが国内メーカーであるアイリスオーヤマのいいところですね!

ベア三郎
ベア三郎

一昔前の高級機並みの機能性がこの価格というのは、とてもいい時代になったものです。

マキタ 充電式クリーナ CL107FDSHW

ここがおすすめ!
・重量わずか1.1kgと超軽量
・『パワフルモード』搭載で、工具メーカーならではのハイパワー
・紙パック式を採用しており、ワンタッチで外して捨てるだけ

売れ筋No.1の実力!工具メーカーマキタが誇るスティック型コードレス掃除機

工具メーカーで世界シェア20%を誇り、国内シェアでは60%を超えるマキタ。そんな工具のプロ集団が作ったスティック型コードレス掃除機は、1.1kgと超軽量ながら、パワフルモードを搭載し、電動工具で培った強力なモーターが微細なゴミまでしっかり吸引します。

執筆時点で約15,000円と、国内電機メーカーやダイソンなどと比べると半額以下です。

amazon.co.jp

紙パック式なのでゴミ捨てがカンタン!

最近では紙パック式ではなく、そのままダイレクトにゴミを捨てる方式が増えてきましたが、マキタの掃除機では紙パック式を採用。

ワンタッチでカバーが開閉でき、そのままつまんで捨てるだけ。使い捨ての紙パックのほか、不織布で出来ている洗って何度も使えるダストボックスも付属。紙パックは10枚付いています。

https://www.makita.co.jp/

ベア三郎
ベア三郎

プロも使うパワフルさと、軽量・手軽さを兼ね備えた超コスパモデルです。

ツインバード TC-E263GY

ここがおすすめ!
・軽量1.4kgボディ+自走式ヘッド搭載でカーペットのうえもスイスイ進む
・くるくる回転する自由自在ヘッド
・『ゴミセンサー』搭載で吸引の強さを自動制御
・抗菌ダストパック&ラクステ機能搭載でゴミ捨てが簡単(約2年分の交換パック付)

自走式ヘッド搭載でカーペットのうえでもスーッと進む

amazon.co.jp

『ツインバード』はコストパフォーマンスに優れ、安心感ある家電を多数輩出している創業70年を超える国産メーカーです。『コードレススティッククリーナー TC-E263GY』は、スタイリッシュな見た目と自走式ヘッドを搭載する機能美に優れたスティック型コードレス掃除機です。

自走式ヘッドのおかげで、カーペットのうえでも自由自在。間口が広く、くるくる回転するヘッドのおかげで家具の隙間もするっと入り込みます。また、ゴミを検知すると自動的に吸引の強さが変わり、手元のLEDランプできれいになったかがわかるようになっています。さらに立てかけても滑って倒れないように工夫されており、国産メーカーならではのかゆいところに手が届く機能が満載です。

ゴミ捨て楽チンな紙パック式

http://twinbird-store.jp

サイクロン式が全盛となっている中、敢えての紙パック式を採用。サイクロン式と比べて捨てる際にゴミが散らばらず、手を汚さずゴミ捨てが可能です。交換パックも約2年分(25枚)付属しています。

ベア三郎
ベア三郎

億劫になりがちな掃除は、お手軽さがとっても重要!!

モダンデコ AND・DECO 2WAYスティッククリーナー

amazon.co.jp

ここがおすすめ!
・超軽量1.15kg
・ブラシレスモーター採用で安定・長寿命
・長さ4段階調整でハンディクリーナーとして使える
・サイクロン式採用なのに執筆時点で9,000円以下

ジェネリック家電のホープ『モダンデコ』

モダンデコは、広島県にある家電・家具・ガーデン用品からアウトドア用品まで幅広く取り扱う国内メーカーです。いわゆるジェネリック家電と呼ばれるジャンルを得意とし、枯れた技術でコストを抑え、コストパフォーマンスに優れた製品を多数輩出しているメーカーです。

こちらの『AND・DECO 2WAYスティッククリーナー』は、約1.15kgと軽量ながら、サイクロン式ならではのパワフルな吸引力と、ブラシレスモーターによる静音・安定性を実現。

お値段も執筆時点で9,000円以下と、魅力的な価格設定となっています。

長さ4段階!ハンディクリーナーとしても大活躍

https://moderndeco.itembox.design/

クリーナーのパイプを調整することで、4段階に長さが変えられ、ハンディクリーナーとしてもご利用いただけます。車内の掃除にも使え、内臓のリチウムイオンバッテリーだけで、最長約35分の連続使用が可能です。

https://www.modern-deco.jp

ベア三郎
ベア三郎

価格を抑えつつ、機能美に優れた超コスパモデルです♪

まとめ

本稿では、コスパ最強のスティック型コードレス掃除機について紹介しました。掃除機界隈はロボット掃除機と、それを補助するコンパクトなスティック型掃除機との組み合わせが増えており、こういった使い方をされる方には高級機までは不要、という方も多い思います。

今回ご紹介したスティック型掃コードレス掃除機は、いずれも2万円以下で機能性もあきらめない、超コスパモデルばかり。お気に入りの1台が見つかると嬉しいです。

以上、ベア三郎でした!

 

コメント