【JPRiDE model J ANCレビュー】音質&ANCともにお値段以上!でもちょっと待って、気になるところも。

皆さん、こんにちは。ガジェットブロガーのベア三郎です。

コスパに優れたイヤホンでお馴染みのJPRiDEから、2022年1月9日に最新ノイキャン付き完全ワイヤレスイヤホン「JPRiDE model J ANC」が発売されました。

Apple AirPods ProやSony WF-1000XM4といったハイエンドイヤホンに代表される、現時点で最高レベルのハイブリッド式ノイズキャンセリングを搭載し、さらにピュア・オーディオ並みの音質を備えながらも、6,000円以下とお求めになりやすい価格となっています。

ベア三郎
ベア三郎

本格的なANC搭載で6,000円以下はホントにスゴイ!

前モデル「JPRiDE TWS-5 ANC」の発売から約半年を経て、音質もノイキャン性能もかなり向上しているとのウワサ。

各レビューサイト絶賛ブランドの最新モデルですが、実際のところ、どうなんでしょうか。

という訳で、本稿では「JPRiDE model J ANC」について、本音レビューしていきたいと思います!

目次

JPRiDE model J ANCの概要

「JPRiDE model J ANC」は2022年1月9日に発売されたハイブリッド式ANC搭載の完全ワイヤレスイヤホンです。

外音取り込みやIPX6相当の防水性能を備え、感圧タッチセンサー搭載でイヤホン単体で音楽コントロールが可能となっています。

ベア三郎
ベア三郎

イヤホンマニアも納得の機能!

製品名 JPRiDE model J ANC
本体サイズ イヤホン本体:36.2×21.3×26.2mm
充電ケース:H28.7×W72.8×D54.3mm
本体重量 イヤホン本体:5.2g(片側)
充電ケース:49g
音楽再生時間 イヤホン単体:4.5時間(ANCオン時)、6.4時間(ANCオフ時)
ケース利用時:最大30時間
ドライバー 12.5mm ダイナミックドライバ
ANC ハイブリッド式アクティブノイズキャンセリング
防水防塵性能 IPX6
対応コーデック AAC、SBC
充電ポート USB-C
付属品一式

  • イヤホン本体
  • 充電ケース
  • 充電ケーブル(USB-C)
  • イヤーピース
  • 取り扱い説明書
イヤホンの外観

落ち着いた非光沢の黒です。シンプルながら、個性的なラインが入っていますね。

ただ、触った感じはすごくチープです。余計なコストを掛けていない様子がうかがえます。

軸部分に感圧センサーを備えており、音量やANCのオフ/オンが簡単に行えるようになっています。

ケースは72.8×54.3×28.7mm/49gと、この価格帯としては平均的なサイズでした。AirPods Proなどに比べると大きいと思いますが、ポケットに収まるサイズなので心配はいりません。

イヤホンの出し入れもスムーズに行えます。マグネット式なので、そっと乗せるだけでピタッとハマります。

ベア三郎
ベア三郎

質感は安っぽさがあります。

JPRiDE model J ANCの音質

「ピュア・オーディオ並みの音質」を謳うこちらのイヤホンですが、その実力はいかがでしょうか。今回もロック・ポップス・EDM・R&B・ジャズ・クラシックとさまざまなジャンルの音楽を聴きまくり、音質を徹底チェックしました。

Indigo la Endの切なくも儚い名曲「通り恋」。出だしのブライト気味なアルペジオがとても美しく、開始5秒で「これが6,000円以下の音なのか…」と衝撃を受けてしまいました。

ベースも変なブースト感がなく、自然にしっかり出ています。中音域が少しやせているように思いますが、いわゆるドンシャリ系って奴ですかね。音の広がりも違和感ないどころか、文句なし。

ガンズの代表曲「Sweet Child O’ Mine」も聴いてみます。スラッシュのギターアンプから唸るように吐き出されたギターサウンドが映えますね…。臨場感あるサウンドで、ゴリゴリのロックにもおすすめできるイヤホンだと思います。

ベア三郎
ベア三郎

音質は評判通りでした!

JPRiDE model J ANCのノイキャン性能

JPRiDE model J ANCは、ハイエンドイヤホンに採用されるようなハイブリッド式のノイズキャンセリング機能を搭載しています。

外側と内側のマイクで2度ノイズを除去しており、1度の処理だけのフィードフォワード式より高いノイキャン性能が期待できます。

実際、屋外のさまざまなシーンでノイキャン性能をチェックしましたが、ノイキャン性能も素晴らしい出来でした。真横を電車が通り過ぎてもドラマのセリフが聞き取れました。

ベア三郎
ベア三郎

着けた瞬間から静寂に包まれます!

JPRiDE model J ANCのダメなところ

ダメなところも書いておきます。

ノイズキャンセリングON時に外に出るとわかりますが、風切り音をめちゃくちゃ拾います。

これだけが非常に残念でした。なのでランニングなど屋外スポーツでの利用は厳しいかもしれません。

あと、たまに「ピピッ」と、すごく小さな音なのですが、変な音がします。ただ、無音状態の時くらいしか気にならない音量なので、通常利用において問題になることはなさそうです。

これ、何の音なんでしょう‥。

でも室内で使うのであれば風切り音なんて気にする必要がありませんし、音質やノイズ除去性能そのものについては、この値段にしては破格のクオリティです。

まとめ

本稿では、2022年1月9日に発売された「JPRiDE model J ANC」について実際に使用した感触をレビューしました。

以前から「相当な自信をアピール」するブランドだと気になっていました。確かにこの価格帯にしては音質がよく、コスパがよいと思います。

1万円以下のイヤホンの中でも、ここまで完成度の高いイヤホンに巡り合うことは稀だと思われます。

ただ、ノイキャンON時に風切り音をめちゃくちゃ拾ってしまう点だけ、ご注意ください。室内でしか使わない方にはオススメです!

総合:23/30点
音質:
8

着け心地:
8

ノイズキャンセリング性能:
7

対応コーデック: AAC、SBC
再生時間:最大4.5時間※ノイキャンON時

以上、ベア三郎でした!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次