SONY HT-G700 サウンドバー 実機レビュー!音楽ブロガーが約2年使ってわかったこと

皆さん、こんにちは。音楽ブロガーのベア三郎です。

テレビの音をまるで映画館のようにグレードアップしてくれるサウンドバー。今回は、数あるサウンドバーの中から、筆者も発売から約2年愛用しているSONY HT-G700について紹介します。

実売価格は約6万円とミドルクラスの価格帯ながら、高さ方向の立体音響を表現する「Vertical Surround Engine」や前後左右のサラウンドを表現する「S-Force PROフロントサラウンド」を搭載。また、迫力ある低音を実現する「ワイヤレス・サブウーファー」が付属しており、簡単におうちシアターが実現できます。

ベア三郎

Dolby Atmosにも対応!手軽に3D音響が味わえますよ。

この記事では、実際に「SONY HT-G700」を約2年使用した感想を踏まえてレビューをお届け。ぜひ参考にしてください。

SONY HT-G700
総合評価
( 5 )
メリット
  • ワイヤレスサブウーファーによる重低音
  • ドルビーアトモス対応で手軽に3D立体音響が楽しめる
  • センタースピーカー搭載でセリフが明瞭
  • ダイナミクスが正確で小さな音もクリア
デメリット
  • 高さ方向の専用スピーカーがない
目次
著者: ベア三郎
家電製品アドバイザー(AV情報家電)
多趣味なクマです。家電製品アドバイザーのほか、複数の国家・ベンダー系IT資格を保有。趣味のギター・ピアノは20年超のキャリアがあります♪

SONY HT-G700の概要

主なスペック

製品名SONY HT-G700
サイズW: 980mm x H:64mm x D:108mm
スピーカー構造3.1ch
フロント × 2(100W)
センター × 1(100W)
サブウーファー × 1(100W)
入出力端子HDMI出力(eARC/ARC) × 1
HDMI入力 × 1
光デジタル入力 × 1
USB Type-A × 1(ファームウェアアップデート用)
Bluetooth5.0(SBC/AAC)
サウンドモードオートサウンド
シネマ
ミュージック
スタンダード
IMMERSIVE AE
ナイトモード
ボイスモード
バーチャルサラウンドS-Force Pro
Vertical Surround Engine
Dolby Speaker Virtual
Dolby Atmos
DTS Virtual:X
アンプタイプS-Master

主な特徴

  • バーチャルサラウンド技術を大画面化するTVに合わせて最適化し、サラウンド音場を拡大
  • 最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」に対応
  • 声やセリフが聞き取りやすい センタースピーカー搭載
  • ソニー独自の「Vertical Surround Engine」搭載
  • 前方のスピーカーだけで臨場感豊かなサラウンドを実現する「S-Force PROフロントサラウンド(TM)」
  • リモコンワンタッチで立体音響を楽しむ「Immersive AE」ボタン
  • 迫力の重低音を再生するワイヤレスサブウーファー
  • 原音に忠実なサウンドを実現するデジタルアンプ「S-Master(TM)」
  • 4K信号とHDR信号のパススルーに対応
  • ブルーレイディスクの高音質ロスレス音声フォーマット「Dolby True HD」「DTS-HD」に対応

サブウーファーによる大迫力の重低音に加え、上下左右+高さを表現するバーチャルサラウンド「Dolby Atmos」に対応。TVサイズの応じてバーチャルサラウンドの音場を拡大してくれるので、映画やライブ映像を映画館並みの音響で楽しめます。IRリピーターも背面に設置されているので、テレビのリモコンを遮ることなく設置できます。

ベア三郎

これさえあれば手軽におうちシアターが実現できます!!

付属品

付属品はこんな感じです。リモコン(乾電池付き)、HDMIケーブル、AC電源コード、壁掛けガイド、製品登録カード、保証書、クイックセットアップガイド、取扱説明書となっています。

ベア三郎

HDMIケーブルが付いてくるので、買ったらすぐにつかえます!

シンプルで使いやすいリモコン

リモコンは手元に馴染むスリムサイズです。サラウンドやナイトモードなど、サウンドモードごとにボタンが付いているので、切り替えが直感的に行えます。サブウーファーのボリューム調整も手軽に調整可能。IMMERSIVE AEをONにして低音を上げれば、おうちシアターのできあがり!

豊富な接続ポート

背面にTVにつなぐためのeARC/ARCに対応したHDMI出力端子が1つ、HDMI端子がないテレビをつなぐための光デジタル音声端子が1つ備わっています。HDMI入力もついており、ブルーレイレコーダーやApple TVなどのSTBとつなげば、Dolby TrueHDやDTS-HD、Dolby Atmosなど高音質なサウンドが楽しめます。

SONY HT-G700の音質は?

さて、肝心の音質はどうでしょうか。約2年にわたり、映画、テレビドラマ、アニメ、YouTubeやNetflixなどをみてきた感想です。

おうちシアターはこれでOK!

結論からいいますが、2年間つかった感想は「大満足」です。音質は文句ありませんし、テレビのサウンドとの差は明確。映画やスポーツ、ライブ映像などが圧倒的な臨場感で楽しめます!!

充実のサウンドモード

https://www.sony.jp/

シーンに応じて切り替えできる「サウンドモード」がお気に入り。映画を見るときは「IMMERSIVE AE」をONにし、家族が寝静まったあとは「ナイトモード」が便利です。小さい音でも音の輪郭がハッキリして、大河ドラマなど少しでも迫力が欲しいときに重宝しています。また、ニュースやドラマなどでは「ボイスモード」で声が聞き取りやすく。どれも機能的に優秀で、さすがソニー!という感じですね。

Apple TV+やNetflixなどのDolby Atmos対応コンテンツも楽しめます。前後左右のサラウンドに加え、頭の上から音が降ってくるような感覚に。

ただし、高さ方向の専用スピーカーがあるわけではないので、結構ボリュームを上げないと体感できないのが少し残念なところです。期待しすぎは禁物ってところですね。

ド迫力の低音

外付けサブウーファーの威力は抜群!音量を上げると空気が震え、まるで映画館のような重低音が味わえます。ワイヤレスなので、電源コンセントさえあれば設置できるのも嬉しいポイント。

ベア三郎

映画を観るのにピッタリな重低音サウンド!
隣家を気にしちゃうレベルなのでくれぐれもボリュームに気を付けてください!

まとめ

今回はソニーのミドルクラスのサウンドバーHT-G700について、約2年使った感想をレビューしました。テレビの薄型化に伴い、どうしてもサウンドが犠牲になっている機種が多く、サウンドバーの導入はもはや必須とも言える状況。そんな中、6万円前後でおうちシアターが実現できるHT-G700はコロナ時代を切り抜ける頼もしいパートナーと言える存在です。

一方、ドルビーアトモス対応ですが高さ方向の専用スピーカーが無いのも事実。どうしてもバーチャル3Dだと満足できないという方は、「HT-A7000」や「HT-A9」などのハイエンドモデルを選択する必要があります。

10万円を超えるようなハイエンドクラスまでは要らないが、本物のサウンドバーが欲しい方にはうってつけのモデルです。ほぼ毎日、音質の良さを実感しており、我が家では「本当に買ってよかった家電のひとつ」になっています。

ベア三郎

サウンドバーはサブウーファー付きのモデルをオススメします!!

以上、ベア三郎でした!

この記事を書いた人

ベア三郎のアバター ベア三郎 家電製品アドバイザー(AV情報家電)

多趣味なクマです。家電製品アドバイザーをはじめ、複数の国家・ベンダー系IT資格を保有しています。趣味のギター・ピアノは20年超のキャリアがあります。小さなキーボードを駆使し、ガジェット / 家電 / 音楽 / 食べ歩き / キャンプについて語ります。レビュー依頼やご質問はお気軽にお問い合わせフォームまでどうぞ。

》レビュー・監修実績はこちら
》運営者情報はこちら

コメント

コメントする

目次