>> 在宅ワークで副収入!まとめサイトはこちら

【厳選】「初めて」におすすめするエリック・クラプトンまとめ

ブルース

こんにちは!ベア三郎です。

ギターという楽器を語る上で、避けて通れない「ギターの神様」エリック・クラプトン。

今回は、入門編ということで、エリック・クラプトンの代表曲を厳選してみました!

華麗なギターテクニックだけではなく、ゴリゴリのブルースからしっとりしたR&Bバラードまで歌いこなす、

すばらしい歌声にも注目です!!

ベア三郎
ベア三郎
クラプトンはギターキッズの夢が詰まってるんです♪

エリック・クラプトンってこんな人

エリック・クラプトンは、1945年イギリス・サリー州生まれのギタリスト・シンガーです。

1960年代から、ヤードバーズ、クリームといったバンドで活躍し、1968年には親友だったジョージ・ハリスンに呼ばれてビートルズのアルバムにも参加しています。

私生活では、そのジョージ・ハリスンの妻を略奪しちゃったり、70年代には薬物中毒、80年代はアルコール中毒、91年には当時4歳の息子がアパートの53階から転落死するなど、波乱万丈な人生を送っています。

そして、クラプトンといえば、ギターの神様と呼ばれるその超絶ギターテクニックです。

あまりの早弾きに、運指がスローモーションに見えたのかクラプトンは「スローハンド」とも呼ばれます。

70歳となった現在でも、第一線を走る傍ら、アルコール、薬物中毒者の治療支援を行うなど、慈善活動家としても積極的に活躍しています。

また、その腕前から、ジミー・ペイジ、ジェフ・ベックと共に、ブリティッシュロック3大ギタリストの一人に数えられています。

1.Change The World

Song by Eric Clapton

YouTube

アメリカの女性カントリー歌手であるワイノナ・ジャッドのカヴァー曲。世界的ヒットとなったメロディがとても親しみやすい1曲。特に日本では大ヒットし、それまでエリック・クラプトンを知らなかった層にまで広まりました。

2.Tears in Heaven

Song by Eric Clapton

YouTube

91年に不幸な事故によって他界した、最愛の息子コナーに捧げた曲。全米チャート2位を記録したこれまた大ヒット曲。管理人がエリック・クラプトンを知るきっかけとなったアルバム「アンプラグド」に収録されています。

3.Blue Eyes Blue

Song by Eric Clapton

YouTube

1999年リリースの失恋の歌。クラプトンはギターの神様ですが、歌声もたまらなく渋くていいですね。

エアロスミスの『ミス・ア・シング』を始め、数々のヒットナンバーを生み出してきた、ダイアン・ウォーレンによるミディアム・バラードです。

こちらの曲は映画『プリティ・ブライド』の挿入歌でもあります。あのプリティ・ウーマンの続編ですね。

4.Layla

Song by Eric Clapton

YouTube

ジョージ・ハリスンの前妻への想いを綴った曲。アルバム「アンプラグド」収録のアコースティク・バージョンもおすすめ。後半チョーキングを多用したソロがたっぷり聴けます。

5.Cocain

Song by Eric Clapton

https://youtu.be/fdDhV45lYHU

1977年リリースの名作「Slow Hand」より。コカイン賛美の曲のようにも聴こえますが、薬物使用への警告とも読める歌詞が一部あります。薬物中毒になった経験のあるクラプトンが歌うとなんか説得力がありますね。

ちなみに「Slow Hand」はエリック・クラプトンの愛称です。

6.Forever Man

Song by Eric Clapton

YouTube

1985年のアルバム「Behind The Sun」に収録された、まさに漢臭漂う1曲。おまえの永遠のオトコになってみせる的な歌詞。

7.Pilgrim

Song by Eric Clapton

YouTube

1998年にリリースされた同名アルバム『Pilgrim』より。ギターの神様というだけじゃなく、こんなしっとりしたバラードまで歌いこなせるクラプトンはアーティストの中のアーティストだと思う。

そしてこのナンバーが収録されているアルバム『Pilgrim』は、近年のクラプトンのアルバムとしては1、2位を争う人気で、しっとり聴ける大人のナンバーが多数収録されていて、入門編として特におすすめです。

はじめてのエリック・クラプトン

まとめ・感想

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

どの曲もすばらしいですが、なんだかんだいって「Change The World」の完成度はすば抜けていると思いました。

入門編として買いたいアルバムとしては『Pilgrim』か『Reptile』がおすすめです。

あと、やっぱり彼の半生がすごすぎるw

ロック黎明期から音楽シーンを支え続けた、まさに生き字引のような存在ですね。

ギターキッズ(大人も含め!)にはまさに神様と言える存在です。

コメント

  1. Discover out extra about Starpoints here.

  2. Eleanor より:

    We still cannot quite think I could often be one of those reading the
    important ideas found on your website. My family and I are sincerely
    thankful for your generosity and for offering me the chance to
    pursue my own chosen profession path. Many thanks for the important information I managed to get from your web-site.