>> 在宅ワークで副収入!まとめサイトはこちら

カフェミュージックにぴったりなボサノバ特集!

ボサノヴァ

みなさん、こんにちは。

カフェミュージックにぴったりな、ボサノバ音楽を集めてみました。

ブラジル生まれのボサノバは、ジャズとサンバが融合した音楽です。

まるでささやくような歌声に、癒されること間違いなし。

ベア三郎
ベア三郎

囁くようなウィスパーボイスに癒されてください。

1. O barquinho(小舟)

Song by Nara Leão

ナラ・レオンは1964年から1989年かけて活躍した女性シンガーで女優です。

当時の厳しい軍事政権下に反旗を翻し一時期パリに亡命。

「ボサノバの女神」と呼ばれた彼女は、47歳にして脳腫瘍のためこの世を去りました。

この「O Barquinho(小舟)」は、ボサノバを代表するギタリストであり、作曲家のホベルト・メネスカルの代表曲。作詞をしたホナルド・ボスコリ、ナラ・レオンと共に、小舟でリオの海に釣りにいった時のエピソードがモチーフになっていると言われています。

YouTube

2. AGUAS DE MARÇO

Song by TOM JOBIM & ELIS REGINA

ナラ・レオンと同じ時代に活躍した女性シンガーのエリス・レジーナと、ボサノバ創生の偉人トム・ジョビンとのデュエットソング。

二人の掛け合いはばっちりですね!

ちなみにナラ・レオンとエリス・レジーナは犬猿の仲だとか。

YouTube

3. Aquarela Do Brasil

Song by Elis Regina Toots Thielemans

エリス・レジーナをもう1曲。ジャズミュージシャンであるトゥーツ・シールマンスの共演作品。

ジャズとボサノヴァの相性のよさが際立つ名曲です。

タイトルの「Aquarela Do Brasil」とは、ブラジルの水彩画という意味。

ブラジルの美しい景色や、サンバを讃えるような、ちょっとお国自慢的な内容の詩だったりします。

YouTube

4. Vagamente

Song by Roberto Menescal & Wanda Sa

ボサノヴァを代表する名ギタリスト・シンガーによる共演。
ロバート・メネスカルとワンダ・サーのデュエットナンバーです。

この曲はワンダ・サーの名曲「Vagamente」です。

YouTube

5. e Nada Mais

Song by Os Gatos

Os Gatosはなんと、あのビョークや小野リサのプロデュースも手がけたブラジルのミュージシャンであるエウミール・デオダートとドゥルヴァル・フェレイラによって結成したバンドです。

YouTube

6. A Certain Sadness

Song by Astrud Gilberto

ラストはまるで透き通る湖のようで、儚くも美しいこの歌声。

この声の持ち主は、1960年代から活躍を続ける女性シンガーである、アストラッド・ジルベルトです。

ゆったりと、静かな時が流れますね。

YouTube

まとめ・感想

最後までお読み頂き、有難うございました!

やっぱりボサノバは癒されますね。そして、いつ聴いても色褪せません😁

和みたい時、心がモヤモヤしてしまった時、そんな時はボサノヴァをじっくり聴いてみてください。

きっとボサノヴァは優しくあなたに寄り添ってくれるはずです。

コメント