>> 在宅ワークで副収入!まとめサイトはこちら

はじめてのBeckおすすめ8曲まとめ!

ロック

こんにちは、Beck大好きベア三郎です。

昨年秋にリリースされたニュー・アルバム”Colors”を引っさげ、今年のSummer Sonicでヘッドライナーとして出演が決まっているBeck(ベック)。相変わらず衰えるどころか、いつまでも成長し続けるBeckをまとめてみました!

ベックってどんな人?

1970年生まれのアメリカ人。90年代から活躍し、今なお世界のロックシーンを牽引し続けています。2017年までに通算13枚のアルバムをリリースし、2014年発表のアルバム”Morning Phase(モーニングフェイズ)”では、ビヨンセを退け見事グラミー賞を受賞しています。フォークやブルース、ファンク、ヒップホップを独特なセンスでオルタナティブロックに混ぜ込むスタイルはまさに唯一無二の存在といえます。

1. Loser

Song by Beck

YouTube

ベックの1stメジャーアルバム「Mellow Gold」より。気怠い感じのヒップホップとブルージーなギターがかっこいい。

2. Devils Haircut

Song by Beck

YouTube

ダストブラザーズをプロデューサーに迎えた1996年のアルバム「Odelay」より。サンプリングがよりユニークに。いまでもコンサートの1曲目とかに歌われる。

3. Sexx Laws

Song by Beck

YouTube

1999年のアルバム「Midnite Vultures」より。よくテレビでも聴きますね。Sexx Laws = 性の法(枠組み)なのかな。「すべての性の枠組みに反抗したいんだ!」って、すべてかー(笑)。

4. The Golden Age

Song by Beck

YouTube

2002年のアルバム「Sea Change」からの1曲。透明感のあるやさしい旋律。

5. Morning

Song by Beck

YouTube

2014年のアルバム「Morning Phase」より。やっとベックがグラミー最優秀ロックアルバム賞を獲ったアルバム。これまでのハチャメチャな楽曲群と比べるとただただ美しい曲です。

6. Colors

Song by Beck

YouTube

2017年のアルバム「Colors」より。「Morning Phase」あたりから一回り大人になった印象。細部に至って手を抜かない素晴らしい仕事ぶりに圧倒されます。

7. Up All Night

Song by Beck

YouTube

ひとりの女の子が捕まってる彼を救うストーリーなのかな?ヒーローものって感じでかっこいい!こちらもアルバム「Colors」より。

8. Dear Life

Song by Beck

YouTube

最後もアルバム「Colors」から。これまた良曲。ホントにこのアルバムは完成度が高い。

まとめ・感想

グラミー賞を受賞したモーニングフェイズや初期のアルバムも、もちろんも好きでよく聴きますが、最新アルバムcolorsは個人的にかなりツボで、8曲の紹介だというのに半分の4曲も入れてしまいました。ごめんなさい♪まぁいいよね。このアルバムはこの10か月くらいずーっとヘビロテです!早くサマソニで会いたい!!!

コメント