>> 在宅ワークで副収入!まとめサイトはこちら

【Jazz】おすすめのジャズギタリスト10選! – ジャズの名曲たち

ジャズ
スポンサーリンク

ロックに比べると、ジャズにおけるギターはトランペットやサックスの様な花形楽器ではありませんが、フロントもバッキングもこなす、ジャズセッションにおける二刀流選手です。

ジャズではサイドマン的な活躍が多いギターですが、名演と呼ばれるリーダー作品も少なからず存在します。

そんなジャズギターの巨匠たちを、数々の名曲と共にまとめてご紹介したいと思います!

1. チャーリー・クリスチャン

チャーリー・クリスチャン(1916年7月29日 – 1942年3月2日)は、アメリカ・テキサス州出身のギタリストです。ジャズ・ギターの元祖と呼ばれていて、スウィング・ジャズの王様「ベニー・グッドマン」の楽団でキャリアを積みました。

これまでジャズ・ギターはコード弾きが主流でしたが、チャーリー・クリスチャンによってアドリブやソロが大々的に取り入れられるようになり、ギターはメロディもリズムも取れる万能楽器として認知されるようになりました。

そんなチャーリー・クリスチャンですが、患っていた結核により、わずか25歳の若さで他界してしまいます。

彼の音源は、ビバップ発祥の地「ミントンズ・プレイハウス」で、個性派ピアニストのセロニアス・モンクと共演した貴重なセッション・アルバム「ミントンハウスのチャーリー・クリスチャン」で聴くことができます。

2. ウェス・モンゴメリー

ウェス・モンゴメリー(1923年3月6日 – 1968年6月15日)は、アメリカ・インディアナ州出身のギタリストです。兄のモンクはベーシスト、弟のバディはピアニストと兄弟揃ってジャズの演奏家でした。チャーリー・クリスチャンのスタイルを継承しつつも、それまで曲のアクセントにしか使われなかったオクターブ奏法をソロで多用したり、コード奏法といった革新的なスタイルで一世を風靡しました。それまでのギター演奏の常識を塗り替えたジャズギターの巨匠です。

ウェス・モンゴメリーが得意とするオクターブ奏法は、2つの弦をオクターブ違いで一緒に弾いちゃういわば「一人ユニゾン」。いまでは常套フレーズとして多く使われています。ウェス・モンゴメリーはオクターブ奏法の代名詞。サムピッキングによるソロもかっこいいですね!

ウェス・モンゴメリーはこの2枚が特におすすめ。

♪ビバップスタイル期の名盤「フルハウス」

♪イージーリスニング・ジャズ期の名盤「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」

ウェス・モンゴメリーはビバップから華麗にイージーリスニングに移行して、セールス的にも成功しました。

3. ジャンゴ・ラインハルト

ジャンゴ・ラインハルト(1910年1月23日 – 1953年5月16日)は、ジプシーの家庭に生まれまたベルギー出身のギタリストです。ジプシー音楽とスウィング・ジャズを融合させた「ジプシー・スウィング」の創始者として知られ、圧倒的なテクニックと情熱的なチョーキングがめっちゃセクシーです。

♪1949年リリースの代表作「Djangology(ジャンゴロジー)」

フル・アコースティックでキレッキレのジャズを聴かせてくれます。思わず、胸が熱くなります。

4. ジョー・パス

Hans Bernhard (Schnobby) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

ジョー・パス(1929年1月13日 – 1994年5月23日)は、アメリカ・ニュージャージー州出身のギタリストです。超絶技巧を誇り、のちのギタリストに大きな影響を与えました。ピアニストのオスカー・ピーターソンや、ジャズ・シンガーのエラ・フィッツジェラルドといった、ジャズ界の大物たちとも数多く共演しています。特に、ソロではギター1本でどこまでも聴かせててくれるソロギターの名手で有名でした。

♪まさに神がかったプレイの連続「ザ・トリオ」

超絶技巧が冴え渡ってます!

♪ジョー・パスを代表する名盤「Virtuoso(ヴァーテュオーゾ)」

♪全曲ガット・ギターで演奏された晩年の傑作「Unforgettable」。癒されます。

5. パット・メセニー

パット・メセニー(1954年8月12日 – )はアメリカ・ミズーリ州出身のギタリストです。兄はトランペッターのマイク・メセニー。パットもトランペットから音楽を始めましたが、兄を超えることができないと悟ってギターに転向したとか。

パット・メセニーは、ジャズ・ロックで人気を博したビブラフォン奏者ゲイリー・バートンに推薦され、18歳でバークリー音楽院の講師となります。

その後、ゲイリー・バートンの「リング」でプロとしてのキャリアをスタートし、自身のリーダー作品をいくつも世に送り出しました。いまでは現代を代表する超絶技巧のスーパーギタリストとして知られています。

♪1987年にリリースしたパット・メセニー・グループ名義のアルバム「スティル・ライフ(トーキング)」

♪続けて1989年にリリースしたアルバム「レター・フロム・ホーム」

6. ジョン・マクラフリン

ジョン・マクラフリン(1942年1月4日 – )は、イングランド・ヨークシャー地方出身のギタリストです。これまた超絶技巧の速弾きの名手で、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」では、2003年に第49位、2011年の改訂版で第68位にランクインしています。

また、ジョン・マクラフリンは自らヒンドゥー教に改宗するほどインド好きで有名。改宗をきっかけに、インド音楽に傾倒します。また、フラメンコの要素も取り入れた超絶技巧の速弾きプレイスタイルも見逃せません。

こちらがジョン・マクラフリンが1969年に、ジョン・サーマン(Sax)、トニー・オックスレー(Drum)と組んだ初リーダー作「エクストラポレーション(Extrapolation)」です。

同じくインド音楽に傾倒していた天才ギタリスト、カルロス・サンタナと組んだ傑作「Love Devotion Surrender」。インドっぽいです。

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

7. ジョン・スコフィールド

No machine-readable author provided. Nomo assumed (based on copyright claims). [CC BY-SA 2.5], via Wikimedia Commons

ジョン・スコフィールド(1951年12月26日 – )は、アメリカ・オハイオ州出身のギタリストです。ジャズ・ロック、フュージョン系のミュージシャンとして、セッションやソロで活動しています。日本を代表するトランペッターの日野 皓正とは縁が深く、初のリーダー作品として日野 皓正が参加しています。それもあってか、日本製のアイバニーズをこよなく愛用しています。

♪ジョン・スコフィールドの代表作「ウーバージャム」

ジャズ、ファンク、ロックを融合させたジャム・バンド・シーンに影響を与えた名盤です。

♪「ウーバージャム」の続編となる「ウーバージャム・ドゥ」も超かっこいい

単なる続編という位置づけではなく、新たな領域への挑戦の意志が込められているとのこと。

2年連続でグラミー賞に輝き、円熟期に達したジョン・スコフィールド。2018年リリースの最新アルバム「Combo 66」でも、愛器AS200 ARTSTARのセミホロウの温かみのある音がいい味出しています。

8. パット・マルチーノ

Tom Beetz @ http://home.hetnet.nl/~tbeetz/index.html [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

パット・マルティーノ(1944年8月25日-) は、イタリア系アメリカ人のジャズギタリストです。父親の影響で音楽に興味を持ち、12歳でギターを始め、わずか15歳にしてプロとして活動を始めました。

超絶技巧のギタリストでしたが、1976年に脳動脈瘤の手術の後遺症で、ギターと音楽キャリアのすべての記憶をなくしてしまいます。その後、ご家族の懸命な介護とリハビリにより驚異的な回復を見せ、過去の作品を聴きながら見事に復活を遂げます。

♪1999年リリース「Impressions」

パット・マルチーノで一番好きなアルバムです。すごいグルーヴ感です。16分の難しいフレーズも実にクールに弾きこなしています。


音楽の記憶をすべて無くした人のプレイとは思えません…。

9. ラリー・カールトン

ラリー・カールトン(1948年3月2日 – )は、アメリカ・カリフォルニア州出身のギタリストです。6歳の頃からギターを始め、ハイスクール時代にB.B.キングやジョン・コルトレーンに影響を受け、ジャズ・ギタリストの道を歩み始めます。その後、ジョー・パスに師事し、プロとしてのキャリアをスタートさせます。2010年には、B’zの松本孝弘とコラボしたアルバム「TAKE YOUR PICK」でグラミー賞を受賞して話題になりました。

こちらはベスト。「Greatest Hits Re-Recorded Volume One」。彼の40年を超えるキャリアが一気に堪能できます。

粘りのあるというか、色気があるというか、まさに歌うようなギターです。

10. ジム・ホール

ジム・ホール(1930年12月4日 – 2013年12月10日)は、アメリカ・ニューヨーク出身のギタリストです。現代ジャズを代表する巨匠で、パット・メセニーなど多くのギタリストが、ジムからの影響を公言しています。ジャズ・ジャイアンツのソニー・ロリンズや、アート・ファーマーといったジャズ界の大物たちのリーダー・アルバムにもサイドマンとして多数参加。2013年に83歳で他界されました。

ジム・ホールといえば、1962年にビル・エヴァンスと共演した「アンダーカレント」が外せません。

太めのサウンドながら実に甘く、キレイな音色ですね。

まとめ・感想

最後までお読み頂き、有難うございました!

お気に入りのギタリストは見つかりましたか?フュージョよりの超絶技巧なギターもすごいですが、最後のジム・ホールの「I Hear a Rhapsody」みたいなしっとり聴くジャズもいいですね!やっぱりギターって最高です。

ジャズを聴くならApple Musicがおすすめ!

Apple Musicなら、ジャズの名曲が聴き放題!

ジャンゴやジョー・パスはもちろん、Appleスタッフが厳選した珠玉のナンバーはまさに必聴。

5,000万曲を超える膨大な音楽コレクションをあなたの手元に。

今なら3ヶ月無料で試すことができます♪

気になる方は、ぜひ一度、登録してみてください!

AppleMusic3ヶ月無料

コメント