>> 在宅ワークで副収入!まとめサイトはこちら

【2018年版】癒しのカフェミュージック – おすすめ10曲 –

ボサノヴァ
スポンサーリンク

こんにちは、ベア三郎です!

【2018年版】おすすめカフェミュージックと題し、定番のサウンドも織り交ぜつつ、最近の癒し系ミュージックを集めてみました!

心地よいメロディーがくつろぎの時間を演出してくれること間違いなしです。

こちらも合わせてご覧ください♪
ボサノヴァ聴くならこの7曲 – ボサノヴァの名曲
カフェミュージックにぴったりなボサノヴァ特集!

癒しのカフェミュージック

連続再生はこちら

1. better together

Song by Jack Johnson

CMで聴いたことあるっ!という方も多いのでは^_^
好きなミュージシャンにとりあえずジャックジョンソンあげとけば君もオサレさん。もちろん僕も大好きです🤗

2. Over the rainbow

Song by Israel Kaʻanoʻi Kamakawiwoʻole

往年の名曲をハワイのウクレレに乗せて。まさに極上の癒しサウンドです。

原曲は1939年のミュージカル「オズの魔法使い」の劇中歌で、アカデミー歌曲賞を獲得しました。

3. Won’t You Come Back

Song by MARTER

パッと聴いた感じ洋楽かな?と思うけど、日本人アーティストです!

13歳のころロスアンゼルスに移住し、アメリカの有名音楽大学であるバークリー音楽大学を卒業。

日本人離れした歌唱力がすごい!

4. Blue

Song by 鈴木 真海子

二人組ヒップホップユニットchelmico(チェルミコ)の鈴木 真海子さんのソロアルバム「DEEP GREEN」から。

やさしい雰囲気が漂う大人のヒップホップって感じです。

5. Mercy, Mercy Me

Song by Marvin Gaye

マービンゲイの1971年の大ヒットソング。いろんなミュージシャンからカヴァーされている名曲です。軽快なR&Bサウンドが心地良いですね。

6. めくるめく僕らの出会い

Song by 大橋トリオ

トリオといっても3人組ではございません(^_^*)

大橋トリオは語りかけるような歌声がいいよね。

特にこの曲はポジティブな雰囲気に包まれていて、なんだか聴いてて癒されます。

7. The Revolution Will Not Be Televised

Song by Gil Scott-Heron

ギル・スコット・ヘーロンの1970年の1stアルバム「Small Talk at 125th and Lenox」より。

リズムといいい、歌詞といい、かっこよすぎます。

ギル・スコット・ヘーロンは「ラップの始祖」とも呼ばれています。

8. Midnight Cruise

Song by WONK

2013年結成のR&Bバンド「WNK」。

こちらも洋楽っぽいけど、日本人です。

2017年にはサマーソニックに出るなど、いま注目のアーティストです。

9. Eggplant

Song by Michael Franks

ラストはAORを代表するアーティスト、マイケル・フランクスから。

初期の代表曲である「Eggplant」(1976年)。

いわゆる、茄子ですね。

マイケル・フランクスの特徴は、味のあるヴォーカルです。

この囁くようなこの声が堪りません。

まとめ・感想

最後までお読み頂き、有難うございました!

さて、皆さま癒されましたでしょうか。

そもそもカフェミュージックというジャンルに固定的なものはありません。カフェに流れているBGM的な音楽という非常にざっくりとしたもので、JazzもあればファンクやR&B、テクノやポップスまで幅広いジャンルをカバーするものです。

今回は2018年版と銘打ったからには、きっと来年もまとめねば!と既にプレッシャーに包まれています😅せっかく癒されたのに♪(´ε` )

カフェミュージックがお好きな方は、ちょっとテクノよりですが、チルアウトというジャンルも調べてみてください。

まったりとしたサウンドにきっと癒されますよ♪

カフェミュージックを聴くならApple Musicがおすすめ!

Apple Musicなら、古今東西の名曲が聴き放題!

ジャズやバサノヴァはもちろん、Appleスタッフが厳選した珠玉のナンバーはまさに必聴。

5,000万曲を超える膨大な音楽コレクションをあなたの手元に。

今なら3ヶ月無料で試すことができます♪

気になる方は、ぜひ一度、登録してみてください!

AppleMusic3ヶ月無料

コメント