ガジェットブロガーが選ぶ、『見ないと損する』最新コスパ最強4Kテレビ

家電

どうも、ガジェットブロガーのベア三郎です!

かつては日本メーカー一択だったテレビ市場も、いまや安値をウリにした新興国メーカーが売り上げ上位の常連になりました。

とはいえ、テレビはまだまだ高価な家電ですので、買って後悔するようなものは買いたくありません。

という訳で本稿では、『どれを選べばいいのかわからない』という方のために、ガジェット大好きブロガーである管理人が厳選したコスパ最強の4Kテレビをご紹介していきたいと思います!

ベア三郎
ベア三郎

本当におすすめできるテレビだけを厳選しました!

Sponsored Links

コスパ重視の4Kテレビはこう選べ!

サウンドはあきらめていい。

テレビを選ぶうえで、多くの人が重視するサウンド。製品によっては、サウンドの良さをアピールしているテレビも多いと思います。しかし、コスト重視の場合、サウンドは気にすべきポイントではありません。

サウンド不足は安価なサウンドバーで補いましょう。テレビのスピーカーは、いくら性能が良いと謳っていても、薄型化が仇となり、1~2万円ほどの安価なサウンドバーに負けてしまいます。

ベア三郎
ベア三郎

サウンドバーも安価で高性能なモデルが続々登場しています。

HDRは外せない!

HDRとは、High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略で、高輝度な液晶を使って、明暗をよりはっきりと見せる技術のことです。明暗がはっきり見えると、より現実に近く美しい映像になります。一昔前までは、一部の購入機種にしか搭載されていませんでしたが、技術の進歩で安価な高輝度液晶パネルが生産できるようになり、コスパを求めたい価格帯のテレビにも搭載されるモデルが徐々に増えてきました。

できるだけデカいサイズを選べ!

少し前まで50インチを超えるテレビは高級品でしたが、HDRと同じく、安価な大型液晶パネルが生産させるようになり、65型でも10万円を切る製品が出回るようになりました。本当にいい時代です。

テレビのサイズは、あらゆる体験に直結するといっても過言ではありません。リビングに置くなら『できるだけ大きいサイズ』を選びましょう。特に昨今の巣ごもり時代を考えると、テレビがエンターテインメントの中心になっていると思います。8~10畳程度の広さがあるリビングなどであれば、迷わず65型を選ぶといいと思います。

ベア三郎
ベア三郎

以上のポイントを抑えた製品をご紹介していきます。

ハイセンス 65V型 液晶テレビ 65U7F

主な特徴:VA液晶パネル、東芝共同開発『NEOエンジン2020』搭載、HDR10/HLG対応、androidTV対応、4Kチューナー搭載、3チューナー内蔵、2番組同時録画(要外付けHDD)

東芝と共同開発の映像エンジンを搭載

映像エンジンは簡単に説明すると、テレビの頭脳です。映像エンジンの性能が良いと、地上波などHDRや4Kコンテンツに対応していない映像をよりきれいにアップグレードすることができます。東芝と共同開発した映像エンジンとうことで、その性能は折り紙付きです。

また、『直下型LED』を採用することでムラのない高輝度な映像を実現。最近の安価な薄型テレビにみられる『エッジ型』と呼ばれるタイプと比べると、明るさが均一でコントラストがより豊かに、微細な色表現が特徴です。

他にもNEOエンジンで映像が大幅進化

輝度をきめ細かに制御することで、より鮮やかでリアルな質感を表現。また『SMR(スムース モーション レート)』技術によって、動きの速い映像でも滑らかに表示されるようになっています。また、ゲームでも低遅延を実現する『低遅延ゲームモード』を搭載。最小遅延が約0.83msと非常に低遅延で、FPSや格闘ゲームなどが快適に遊べます。

ネット配信映像もキレイに映る!

www.hisense.co.jp

AI技術により、インターネット配信の映像コンテンツを自動解析し、解像度に合わせて色濃度/輝度/ダイナミックガンマ補正やノイズ除去を行います。低解像度の配信映像でも、よりキレイに表示することができます。

ベア三郎
ベア三郎

10万円を切る価格なのに、65型で東芝映像エンジン搭載でたしかな実力。これはベストバイです!

参考価格:97,200円

ソニー 65V型 液晶テレビ ブラビア KJ-65X80J

主な特徴:VA液晶パネル、高画質プロセッサー『HDR X1』、映像エンジン『4K エックス リアリティー プロ』搭載、HDR10/HLG/Dolby Vision対応、GoogleTV対応、4Kチューナー搭載、3チューナー内蔵、2番組同時録画(要外付けHDD)、『Chromecast built-in』、『Apple AirPlay2』対応

言わずと知れたテレビのトップブランド『BRAVIA』の2021年モデル。さすが国産メーカーだけあって、こだわりの映像技術で映像の美しさは目を引くものがあります。

BRAVIAの大型サイズは20~30万円するのが多いのですが、こちらのモデルは倍速モードに非対応という点を除けば、機能満載で15万円を切る超コスパ。ソニーファンのみならず、安心できるコスパモデルをお探しの方にはぴったりと言えます。

倍速モード非対応だけど大丈夫?

倍速モードとは、『1秒当たりのフレームレート(FPS)』を2倍にする機能のことです。フレームレートとは、1秒の動画で何枚の画像が表示できるかという指標で、パラパラ漫画によく例えられます。1秒当たりの画像が多ければ多いほど、動きが滑らかな動画になります。

こちらのモデルは倍速モードに非対応ですが、このモデルは60FPS出るので全く問題ありません

倍速モードは地上波(29.97FPS)などの低いフレームレートの映像に画像を足して、60FPSに引き上げる機能なのですが、いまの技術では若干違和感を感じざるを得ません。

ベア三郎
ベア三郎

特に映画を見るときだと、倍速モードがONになっていると結構変に感じたりします。。

超美麗のソニー製4Kテレビが65型で15万円を切る価格

さすがソニーといえる美しい映像を映し出す技術が満載。高画質プロセッサー『HDR X1』、映像エンジン『4K エックス リアリティー プロ』、『トリルミナス プロ』、『HDR10/HLG/Dolby Vision』に対応。地上波のような2K映像も4K相当にアップグレードでき、4K映像を細部まで忠実に再現します。特に、Dolby Visionはほかの安価なモデルではなかなか搭載されていない機能で、HDR10よりもキレイな光表現が可能です。

もちろん4Kチューナー内蔵なので、地上波も4K放送も追加チューナー無しで楽しめます。

GoogleTV内蔵で主要ネットコンテンツを網羅

Google TV機能を搭載しており、AppleTVやAmazon Prome Video、NETFLIX、Disneyプラスも楽しめます。Bluetoothでコントローラーをペアリングすれば、Google Palyを通じてゲームコンテンツも遊べます。

さらに、『Chromecast built-in』を搭載しており、スマホのコンテンツを簡単にテレビに映し出すことができます。『Apple AirPlay2』にも対応しているので、iPhoneユーザーも安心です。

ベア三郎
ベア三郎

低価格で確実にいい映像。この価格なら迷わずBRAVIAでいいかも!?

参考価格:138,600円

LG 65型 IPS液晶テレビ 65UN8100PJA

主な特徴:IPS液晶パネル、映像エンジン『Quad Core Processor』搭載、LG独自の『Active HDR(HDR10/HLG)』搭載、『FILMMAKER MODE』搭載、『TruMotion 120(2倍速相当)』搭載、AIサウンド/Dolby Audio 搭載、4Kチューナー搭載、3チューナー内蔵、2番組同時録画(要外付けHDD)、『ミラーキャスト』/『Apple AirPlay2』対応
IPS液晶の世界的メーカーとなったLG。65型でも10万円を切るモデルがリリースされています。映像エンジン『Quad Core Processor』や『Active HDR』により、4Kアップコンバートや緻密なコントラスト表現を実現しています。

IPSパネルのLGが誇る全部入りの低コストモデル

IPSパネルの特徴は、色彩豊かでどこからみても美しい広い視野角度です。リビングで家族とみる際は、やはり視野角は気になるもの。こちらのモデルなら、どこから見てもコントラストが落ちず、美しい画面で視聴することができます。

ゲームにも強い!

HDRゲームの普及団体HGiGに準拠したHDR10Proを搭載。高いコントラスト比を表現するとともに、映像の白飛びや黒つぶれを防ぎます。PS4やXboxOneなど対応ゲーム機で威力を発揮します!

ベア三郎
ベア三郎

機能満載の65型でこの価格。IPS液晶の最大手メーカーは選んだ間違いなしです!

参考価格:99,800円

モダンデコ テレビ 65V型 SUNRIZE

主な特徴:IPS液晶パネル、2チューナー内蔵、2番組同時録画(要外付けHDD)

機能を絞った激安テレビ

モダンデコは広島県にある家電や家具など、リーズナブルな価格ながら機能や性能に妥協しない製品を販売している会社です。アイリスオーヤマなどと並び、『ジェネリック家電』メーカーと呼ばれています。
『ジェネリック家電』とは、大手メーカーの1世代前の技術を採用したり、余ったパーツで賢く作られた家電を指します。

ADSパネルで美しく、広い視野角も確保

モダンデコSUNRIZEが採用している液晶パネルは『ADS』パネルと呼ばれるものです。『ADS』パネルとは、『IPS』パネルと性能的には全く同一のもの。なぜなら、IPS液晶パネルをより安価に製造するために生まれた技術がADSだからです。まさに、ジェネリック家電と呼ばれる所以ですね。

ネット配信動画を見るならFire TV Stickを買えば大丈夫

モダンデコのこちらのモデルはandroidTVなどは非搭載。ですが、Amazon Fire TV Stickは6,990円で買えますので、そこまで気にする必要はありません。むしろ、メーカー独自の操作性に引っ張られず、快適な操作が可能とも言えます。

参考価格:77,800円

TCL 65V型 液晶テレビ 65C815

4K QLEDの最新テレビが8万円台!

主な特徴:世界第2位の出荷台数、QLED/倍速液晶パネル搭載、HDR10対応、androidTV対応、サウンドバー内蔵(2.1ch/サブウーファー付/Dolby Atmos対応)、映像エンジン・4Kチューナー非搭載
TCLは中国のメーカーで、日本ではまだまだ知名度が低いですが、世界的な出荷台数としては世界第2位と圧倒的なシェアを誇っています。このメーカーの特徴は、最新技術を多く搭載しながらも、コストを極限にまで抑えたモデルが多いことです。少し尖った特徴を持っていますが、ハマる人にはとことんハマるメーカーです。

 

ベア三郎
ベア三郎

地上波を見ない、4Kチューナー不要という方にはベストマッチ!

QLED(量子ドットLED)採用で色域はトップクラス!

『有機LED(OLED)』と並ぶ高画質LEDである、『量子ドットLED(QLED)』を搭載。有機LEDと同じ時期に開発された技術ですが、当時は価格面で有機LEDに勝つことができず、下火になっていましたが、最近では安価に製造できる技術が確立し、再び話題の技術となっています。

量子ドットLEDは色の変換効率を最大限に高めることで広い色域を確保。色の表現が非常に豊かです。

サウンドバーも内蔵してます

バーチャル3Dサラウンド技術『Dolby Atmos』に対応した2.1chサウンドバーを内蔵。音質に関しては、ほかの格安テレビと一線を画す性能です。

ただし映像エンジン非搭載のため4Kアップスケール無し

注意したいのは『映像エンジン非搭載』という点です。映像エンジンは主に低画質な映像を4KHDR相当に引き上げる役割を担っています。こちらのテレビは残念ながら映像エンジンが非搭載となりますので、地上波をきれいに見たいというニーズには不向きです。4K相当のコンテンツなら非常にキレイですので、元の画質を素直に伝える、そんなテレビだと思います。

参考価格:80,820円

ベア三郎
ベア三郎

地上波はあまり見たいと割り切れるなら、めちゃくちゃおすすめです!

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ベア三郎
ベア三郎

コスパを追及すると機能不足が否めません。何を妥協できるか、よく関g萎えて選ぶといいですよ!

以下にポイントをまとめます。

・ハイセンス 65V型 液晶テレビ 65U7F
 参考価格:97,200円、東芝共同開発の映像エンジン搭載
・ソニー 65V型 液晶テレビ ブラビア KJ-65X80J
 参考価格:138,600円、コスパモデルでも画質に妥協したくない方
・LG 65型 IPS液晶テレビ 65UN8100PJA
 参考価格:99,800円、ハイセンスとほぼ同等(違いは液晶LG=IPS、ハイセンス=VA)
・モダンデコ テレビ 65V型 SUNRIZE
 参考価格:77,800円、映像エンジン非搭載/androidTVが無いなど機能不足を気にしない、地上波など画質の低い映像をあまり見ない方
・TCL 65V型 液晶テレビ 65C815
 参考価格:80,820円、QLED液晶パネル/サウンドバー搭載/映像エンジン非搭載、地上波など画質の低い映像をあまり見ない方

資金に余裕があるなら迷わずソニーですが、ハイセンスとLGも機能十分でハイコスパモデルと言えます。

一方で、モダンデコやTCLは、どうしても機能が少ないので特徴をよく理解して購入することをおすすめします。地上波を見ない方にはぴったり合うという感じでしょうか。

以上、ベア三郎でした!

コメント