【最大2.5%還元】Amazonで買い物するならAmazonチャージ!

【2021年版】音楽ブロガーが選ぶ、厳選コスパ最強サウンドバー!

ガジェット

どうも、音にはトコトンこだわりたい音楽ブロガーのベア三郎です!

巣ごもり需要で大人気のサウンドバー。サウンドバーとは、既存のTVに接続するだけで簡単にTVの音をアップグレードできちゃうスグレモノ。導入するといつものTVがまるで映画館に!

我が家も外出の機会が減り、少しでもおうち時間を充実させたいとサウンドバーを購入して、映画館のような気分を楽しんでいます。

本稿では、今すぐ欲しいけど、お値段もピンキリでどれを選べばいいのかわからない!という方のために、ガジェット好き音楽ブロガーである管理人が厳選したコスパ最強のサウンドバーをご紹介していきます!

ベア三郎
ベア三郎

ガジェット好きな音楽ブロガーが選ぶ!

Sponsored Links

コスパ重視のサウンドバーはこう選べ!

サブウーファー付きを選べ!

コスパ重視とはいえ、まず確認したいのはサブウーファーの有無です。サブウーファーは低音をしっかり出すためのスピーカーで、これが付いてるモノは2.1chなど「x.1」と表示されています。
やっぱりサウンドバーに期待したいのは、映画館のような迫力と臨場感。サブウーファーが無くても低音が出ると主張するサウンドバーも多くありますが、有無でかなり音の印象がかなり変わりますので、サブウーファー付きを選びましょう。

値段が同じなら出力ワット(W)数が大きいほうを選べ!

音の迫力や臨場感は出力ワット(W)数でも大きく変わります。ワット数の違いだけでは音も変わらないとよく言われますが、個人の経験から、重要なポイントであると考えています。数字が大きいほうが余力を持って大きい音を出すことができるため、音割れが発生しにくいという特徴があります。

結果的に音の迫力や臨場感の演出に一役買うことになりますので、ワット数をあなどってはいけません。

予算が合えばバーチャルサラウンド対応を選べ!

高機能になるほど価格が高くなるサウンドバー。特に、ドルビーアトモスやdtsXといった5.1chを疑似的に再現する『バーチャルサラウンド』が付いていたりすると一気に高価に。

とはいえ、バーチャルサラウンドが付いているほうが臨場感は高まります!特に、3D対応のバーチャルサラウンドだと、前後左右の音に加えて上からの音を再現することができるので、この没入感をぜひ味わっていただきたいです。ただし、対応している動画自体がまだまだ少ないので、必須ではないと覚えておきましょう。

ベア三郎
ベア三郎

サブウーファー、ワット数、バーチャルサラウンドが鍵。

YAMAHA SR-C20A

1万円台でテレビの音が格段にアップ!YAMAHA SR-C20A

SR-C20Aは2020年10月に発売されたYAMAHA(ヤマハ)の最安価格帯のサウンドバー。

位置づけ的には入門機ですが、この価格にしては機能満載でYAMAHAブランドとして十分なサウンドが楽しめます。

主な特徴:2.1ch、サブウーファー搭載(内蔵)、バーチャルサラウンド、スマホで簡単操作、40W(フロント)+30W(サブウーファー)

音質はさすがYAMAHA。非常にクリアで伸びのあるサウンドに仕上がっています。

75mmのサブウーファーユニットとデュアルパッシブラジエーターまで備え、重低音もバッチリ

人の声を聴きやすくする『クリアボイス』や、低音をより強調する『バスエクステンション』機能も搭載しています。

ベア三郎
ベア三郎

コンパクトな筐体からは想像できないパワフルさ!

さらにバーチャルサラウンドも付いているので、左右はもちろん、後ろからも包まれるようなサラウンドが味わえます。

jp.yamaha.com

TVとの接続もケーブル1本でカンタン♪

接続方法は2通りあります。一つ目は、付属の光デジタル音声ケーブルをTVと繋ぐ方法と、二つ目は、TV側のeARC/ARC(オーディオリターンチャンネル)に対応したHDMI入力に『HDMIケーブル』で繋ぐ方法です。※HDMIケーブルは別売りです

HDMIで繋いだ場合は、TVやレコーダーのリモコン操作と連動してサウンドバーの電源OFF/ONや音量調整などが行えるようになりますので、HDMIで接続することをおすすめします。

どちらも説明書に従って、ケーブル1本で簡単に接続できますので、苦手な方でも難しくないはずです。

スマホ用のスピーカーにもなる

Bluetoothでスマホと繋げば、モバイルスピーカーのように使えて、いつもの音楽も格段にレベルアップしますよ♪

アプリでカンタン操作

さらに、YAMAHAの専用アプリ「Sound Bar Controller」にも対応していて、リモコン以外からも、スマホから簡単に操作が行えます。

アプリで主にできること
・電源オン/オフ、入力選択、音量調節、サブウーファー音量調節
・サウンドモードの切り替え
・バスエクステンション、クリアボイスのオン/オフ
・ランプの明るさ調節

この価格と機能でコンパクトなのは嬉しい限り。非常にコンパクトなので、デスクトップPCと繋いで使う人も多いようです。

国内メーカーの安心感もあり、入門用として最適なサウンドバーです。

YAMAHA YAS-209

もう少し予算に余裕があるなら、YAMAHA YAS-209がオススメ!

先ほどのSR-C20Aの上位機種がこちら。

2.1chスピーカーとなっており、本体の2chスピーカに加えて、サブウーファー用スピーカーが別途付いているのが特徴です。

しかも、サブウーファーはワイヤレスなので配線の心配はいりません。加えて、スピーカーの出力ワット数も全体的にあがっており、サウンドの質も格段によくなっている印象です。

jp.yamaha.com

主な特徴:2.1ch、サブウーファー搭載(外付け)、バーチャル3Dサラウンド(DTS Virtual:X)、スマホで簡単操作、Alexa対応、100W(フロント)+100W(サブウーファー)

バーチャル3Dサラウンド対応で包み込まれるような没入感

大きな特徴として、バーチャル3Dサラウンドに対応。前後・左右・後方はもちろん、なんと上からの音も再現することができます!

自宅で少し大きめのボリュームが出せる環境であれば、まるで映画館のようなサウンドが味わえます。

jp.yamaha.com

Alexa内蔵!話しかけるだけで操作できます

「アレクサ、ボリュームをあげて」

「アレクサ、人気の洋楽をかけて」

など、話しかけるだけでいろいろな操作が行えます。インターネットに繋げて、Amazon musicやSpotifyなどのストリーミングサービスなども聴くことができます。

サブウーファーはワイヤレスで簡単設置

『サブウーファーが付いてるから配線が面倒そう…』なんて心配は無用です。Bluetoothで自動的にペアリングしますので、設定は不要です。また、TVとセンタースピーカーもHDMI1本で接続可能。eARC/ARC(オーディオリターンチャンネル)に対応したHDMI入力に『HDMIケーブル』で繋ぐだけです。
※ARC非対応TVの場合は光デジタル音声ケーブルと通常のHDMIケーブルで接続します

充実の機能

先ほどのCR-C20Aにもあった人の声が明瞭に聴こえる『クリアボイス』や、低音をより強調する『バスエクステンション』、スマホでカンタンに操作可能な専用アプリ『Sound Bar Controller』ももちろん使えます。

YAMAHAは同じ価格帯のサウンドバーでも、やっぱり機能が豊富!コスパ良すぎです。

リッチなサウンドに包まれたい!という方には是非おすすめのサウンドバーです。

SONY HT-X8500

Sony渾身のオールインワンサウンドバーは内蔵デュアルサブウーファーで低音もバッチリ!

オールインワンサウンドバーHT-X8500は、Sony(ソニー)から2019年4月に発売されたモデルで、いまでも様々な雑誌で取り上げられ、売り上げ上位の常連機種となっています。

現時点で3万円半ばと決して安くはないですが、上位機種と比べても遜色ない充実の機能には驚きです。

主な特徴:2.1ch、サブウーファー搭載(内蔵)、バーチャル3Dサラウンド(DTS:X、Dolby Atmos、S-Force PRO、DTS Virtual:X)、80W(フロント)+80W(デュアルサブウーファー)

サブウーファーは内蔵型ながら、合計80Wと高出力。ユニットを2つ搭載することで、コンパクトながら外付けのサブウーファーに匹敵するパワーを実現しています。

最新の3D立体音響技術『Dolby Atmos』に対応

HT-X8500最大の特徴は、この価格にして最新の3D立体音響技術であるDTS:Xに加え、Dolby Atmos(ドルビーアトモス)にも対応している点です。従来の前後左右のサラウンド音場に加えて、高さまで表現されており、圧倒的な臨場感が味わえます。

Dolby AtmosはAmazon Prime VideoやNetflixなどで徐々に対応コンテンツが増えつつあるので、幅広いフォーマットに対応しているのはいいですね!

www.sony.jp

TVとの接続もケーブル1本でカンタン♪

接続方法は2通りあります。一つ目は、付属の光デジタル音声ケーブルをTVと繋ぐ方法と、二つ目は、TV側のeARC/ARC(オーディオリターンチャンネル)に対応したHDMI入力に『HDMIケーブル』で繋ぐ方法です。※光デジタル音声ケーブルは別売りです

HDMIで繋いだ場合は、TVやレコーダーのリモコン操作と連動してサウンドバーの電源OFF/ONや音量調整などが行えるようになりますので、HDMIで接続することをおすすめします。

どちらも説明書に従って、ケーブル1本で簡単に接続できますので、苦手な方でも難しくないはずです。

モバイルスピーカー代わりにもなる

Bluetoothでスマホと接続できて、モバイルスピーカーのようにも使えます。リビングでゆったり音楽が聴きたいときに、Bluetoothだとパッと簡単に接続できて便利です。また、iPhoneなどAACコーデックに対応している機器の場合、AACコーデックを有効にすることで、より高音質なサウンドで聴くことが可能です。

リモコン操作を邪魔しないIRリピーター付き

サウンドバーの設置ポジションによっては、ちょうどTVのリモコン受信部分を隠してしまうことも。ですが、こちらの機種なら心配いらず。背面にあるIRリピーターでリモコン操作をしっかり仲介します。

YAMAHAのSR-C20Aより少し値は張りますが、サウンド性能は一回り上。コロナ禍で増えたおうち時間を楽しむために、少し奮発して最高のサウンドを手に入れてみませんか?

 

ベア三郎
ベア三郎

ちなみにベア三郎はHT-G700を使っています。コスパという意味ではHT-X8500をおススメしますが、予算にもう少し余裕があればサブウーファー独立型のHT-G700もおススメです!

SONY HT-G700

www.sony.jp

SONYの実力派ミドルクラス!独立型サブウーファーによる迫力の映画体験を是非。

HT-X8500がオールインワンの優秀な入門機だとすると、こちらのHT-G700は実力派のミドルクラス・サウンドバーと言えます。HT-X8500の発売から約1年後となる2020年6月に発売され、筆者も発売当初から愛用しています。

こちらの特徴は、何と言っても独立型のワイヤレス・サブウーファー。まるで映画館のような、空気まで震える重低音が味わえます。もちろん、サブウーファーは音量調整が可能なので、シーンに応じてお好みの低音サウンドを作ることができます。

主な特徴:3.1ch、サブウーファー搭載(外付け)、バーチャル3Dサラウンド(DTS:X、Dolby Atmos、S-Force PRO、DTS Virtual:X)、100W+100W(フロント)+100W(センター)+100W(サブウーファー)

先ほどのHT-X8500の上位モデルとなるため、スピーカーの総出力数も大幅にアップ。100W+100Wのフロントスピーカーに加え、100Wのセンタースピーカーも搭載し、声やセリフがかなり聞きやすくなっています。

最新の3D立体音響技術『Dolby Atmos』に対応

HT-X8500にも搭載されている、最新の3D立体音響技術である『DTS:X』と『Dolby Atmos』の両方に対応。全方位から包まれる臨場感溢れるサラウンドが体験できます。

www.sony.jp

その他にもHT-G700は便利機能が満載。『ナイトモード』を使って、深夜でも小さな音量で明瞭なサウンドを得ることができたり、リモコンの赤外線をTVに受け渡す『IRリピーター』も搭載。置き場所に困りません。

また、HT-X8500と同様に接続もHDMIケーブル1本で簡単接続。Bluetoothスピーカーとしてもかなり優秀で、独立型サブウーファーならではの豊かな低音域が味わえます。

ベア三郎
ベア三郎

子供たちが寝静まった後は、ナイトモードでTVを楽しんでいます。音の解像度も高く、おすすめです。

Polk Audio Signa S3

アメリカ老舗オーディオメーカーが誇る本格サウンドバー

こちらも各レビューサイトで高評価連発のサウンドバー。

お値段3万円を切る価格ながら、オーディオ性能としてはピカイチ。

主な特徴:2.1ch、サブウーファー搭載(外付け)、DOLBY DIGITAL(2.1ch)、40W(フロント)+40W(サブウーファー)

Polk Audioは日本では知る人ぞ知る、オーディオマニア御用達のオーディオメーカーです。

1972年の創業で、ライブの臨場感を自宅で再現することを目指し、数々のヒットオーディオ製品を生み出してきました。

残念ながらバーチャルサラウンドには非対応で派手さはないのですが、ピュアなオーディオ特有の温かみのある音と外付けサブウーファーから出る臨場感あふれる低音域が魅力です。

jp.polkaudio.com

TVとの接続もケーブル1本。外付けサブウーファーもワイヤレス♪

TVとはeARC/ARC対応のHDMIに付属のHDMIケーブル1本で接続可能。未対応TVでも、光デジタル音声ケーブルが付属していますので、それで繋げばOKです。

サブウーファーもBluetoothで自動ペアリングしますので、簡単に設置できます。

Chromecast built-inも付いてます。

Polk Audio Signa S3は、Chromecast built-inに対応しており、スマホとも簡単に接続できます。YouTube Music、Amazon Music、Apple Music、Spotifyなどのお好きなストリーミングサービスを再生させたり、ハイレゾ音源の再生だって出来ちゃいます。

また、セリフなどの人の声を明瞭にする『Voice Adjust』機能を搭載しており、声がサウンドに埋もれることもありません。

ベア三郎
ベア三郎

アメリカでバカ売れの実力派サウンドバー!ぜひお試しあれ。

DENON DHT-S216

2万円台で買えるマニアも納得のサウンドバー!DENON DHT-S216

各メディアのレビューで高い評価を得ているDENON(デノン) DHT-S216。

2019年12月に発売となるや、2万円とは思えないサウンドと機能を備え、マニアの間で一気に人気が広がったサウンドバーです。

主な特徴:2.1ch、サブウーファー搭載(内蔵)、バーチャル3Dサラウンド(DTS Virtual:X)、スピーカーワット数は非公開

75mmサブウーファーを2基搭載

内蔵型ではありますが、底面に2基の75mmサブウーファーを搭載。迫力の重低音を実現しています。左右の位置にあるバスレフポートがさらなる低音をサポート。

また、デノンのサウンドエンジニアがスピーカーの配置を徹底的にこだわり、内蔵サブウーファーにありがちな籠るような重低音ではなく、全体的に自然な広がりのあるサウンドに仕上がっています。

余計な音の装飾をバイパスするピュアモード

また、原音を忠実に再現するピュアモードを搭載しており、これをONにすることで余計なデコードをバイパスし、アンプに直で音が伝わる状態となり、純度最高のサウンドを楽しむことができます。

バーチャル3Dサラウンドに対応

デノン DHT-S216で特に注目したいのが、この価格でバーチャル3Dサラウンドにも対応している点です。やはり映画など見る際には圧倒的な没入感が味わえるバーチャル3Dサラウンドは嬉しい機能です。

www.denon.jp

ほかにもBluetoothでスマホと繋いで音楽を聴くこともできますし、コスパを考えると凄すぎます。老舗国内メーカーの意地を見せてくれる、そんな製品だと思います。

Bose TV Speaker

やっぱりBose!サブウーファーなしでも驚きの重低音サウンド!!

最後はスピーカーのトップブランドであるBose(ボーズ)のサウンドバー。

サブウーファーは付いていませんが、そのスリムな筐体からは想像できないほど、大迫力の重低音と圧倒的な音の広がりが特徴です。

その秘密は、緻密な計算によって角度をつけた2つのフルレンジドライバー。大口径ドライバーならでは高音質サウンドが、効率よく広がる構造となっています。さすがはBoseといったところですね。

人の声が聴きやすくなるモードを搭載

リモコンの『ダイアログモード』をオンにすると、視聴中のコンテンツを解析して人の声を強調することができます。セリフをしっかり聞き取りたいときに便利です。

スピーカーをあとから追加できる

単体でも十分な低音を得られますが、この製品は別売りでサブウーファーを後から追加することが可能です。

コンパクトなサイズなので、50インチ以下のTVだと違和感なくちょうどいいサイズになります。

www.bose.co.jp

主な特徴:2.0ch、後からサブウーファーを追加で買い増すことができます。

ベア三郎
ベア三郎

最後までお読みいただきありがとうございました。

サウンドバーで素敵なおうち時間をお過ごしください!

コメント