【最大2.5%還元】現金派でもお得に買い物できる!Amazonチャージ!

【2022年版】音楽ブロガーが厳選!おすすめのワイヤレスヘッドホンを紹介します。

ガジェット

こんにちは。音楽ブロガーのベア三郎です。

完全ワイヤレスイヤホンが大流行の中、それでもいい音で楽しみたいならヘッドホンで聴くのが一番です。

ワイヤレスでもハイレゾ音源の再生に対応していた製品も増えつつあり、有線ヘッドホンに近い音で楽しめるようになってきました。

ベア三郎
ベア三郎

ハイレゾはCDより全然キレイなんですよ。

防水機能や手軽さの面では完全ワイヤレスイヤホンに劣りますが、音質は圧倒的にヘッドホンのほうが有利です。

というわけで本稿では、音楽ブロガーが選りすぐりのワイヤレスヘッドホンをご紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

SONY WH-1000XM4

業界最高クラスのANCワイヤレスヘッドホン

「WH-1000XM4」は業界最高クラスのノイズキャンセリング機能×LDACコーデックの組み合で、ハイレゾをほぼ無音の中で楽しめるハイスペックモデルです。

ライバルである「Apple AirPods Max」がいまだに6万円台後半という中、約半額の3万円前半で購入できるのは非常に魅力的。

業界最高クラスのノイズキャンセリング技術を搭載

「WH-1000XM4」には「フィードフォワード」+「フィードバック」の2つのノイズ除去技術を組み合わせた「ハイブリッド方式」のアクティブノイズキャンセリング機能が搭載されています。さらに、ソニー独自の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」により、秒間700回も音質をチェックし、外の音を毎秒700回以上も解析し、リアルタイムで最適なノイズキャンセリングを行います。

ベア三郎
ベア三郎

電車の中や、ざわざわしたカフェや飲食店でも圧倒的な静寂空間を作り出すことができます。

ハイレゾ以外もハイレゾ級にアップスケール!

ハイレゾじゃないストリーミングサービスやmp3といった音源も、ソニー独自の『DSEE Extreme』技術により、ハイレゾ級の高音質にアップスケールします。

ハイレゾ音源の再生を可能にする『LDAC』コーデック対応のスマホやウォークマンであれば、ワイヤレスでも有線並みのいい音で楽しむことができちゃいます。

着脱センサー+タッチで外音取込み

「WH-1000XM4」は着脱センサーを内蔵しており、着け外しに応じて音楽が停止/再生できる他、ハウジング部をタッチしてANCのオフ/オンや外音取込みモードの切り替えが簡単に行えます。

また、ヘッドセットを耳に装着したまま会話をする「スピーク・トゥ・チャット」も魅力的な機能の一つ。事前設定しておけば、自分が話掛けると自動的に声を検知して音楽が停止し、相手の音声をマイクで取り込み聞きやすくします。

主な特徴
・ノイズキャンセリング搭載、ハイレゾ対応
・重さ:254g
・連続再生時間:最大30時間(NC ON時)、最大38時間(NC OFF時)
・Bluetooth標準規格 Ver.5.0
・対応コーデック:SBC, AAC, LDAC

Sennheiser MOMENTUM Wireless

ドイツが誇る音楽制作/映画製作現場の定番メーカー

こちらもドイツのプロ用音響機器メーカー『ゼンハイザー』のノイズキャンセリング機能付きワイヤレスヘッドホン。このシリーズは2012年の発売からずっと進化をしつづけ、音響マニアの間から愛され続けてきました。

もはや楽器と呼ぶにふさわしい

2012年の初代発売から3世代となる本モデルは「一度聴いたら戻れない」音質で有名です。スタジオで録音されたままの音をそのまま再生できる能力を有しており、非常に明瞭で音の解像度が高く、これまで聴いてきた音楽がまるで別次元に。

ヘッドバンド&イヤーパッドは羊の本革

ヘッドバンドおよびイヤーパッドには、しなやかな肌触りのシープスキンを使用。本革ならではの高級感がありながら、肌触りが柔らかでしっとりしています。

Tile内蔵で置き忘れても探せる

置き忘れ防止のため、なんとTileが内蔵されており、アプリから音を鳴らしたり、最後に無くした場所の位置情報を知ることができます。

専用アプリでノイキャンや音質をお手軽調整

専用アプリ「Smart Control App」で、イコライザーやノイズキャンセリング機能のモード切替などが簡単に行えます。

ベア三郎
ベア三郎

音の広がりがとても自然、まさに圧倒される音質です!

主な特徴
・ノイズキャンセリング搭載
・重さ:305g
・連続再生時間:最大17時間(ANC ON時)
・Bluetooth標準規格 Ver.5.0
・対応コーデック:SBC, aptX, aptX Low Latency(低遅延), AAC


 Bose QuietComfort 45

圧倒的な静粛性と音質

言わずと知れた世界的音響メーカー『BOSE 』のおすすめヘッドホンがこちら。前モデル QuietComfort 35から音質・ノイズキャンセリングともに大幅進化を遂げました。Quietと Awareの2つのノイズキャンセリングモードを備え、どこにいてもクリアな会話を可能にする『ボイスピックアップ機能』や最大24時間持つロングバッテリーが特徴。

最強音質、ここにあり。

BOSE最大の特長である『誰が聴いても良い音』は健在で、全体的なバランスの良さはワイヤレスイヤホン随一。また、TriPortテクノロジーを搭載し、音量に合わせて音質を最適化するアクティブEQのおかげで小さな音量でも低音の迫力が損なわれないのはさすがと言えます。

QuietComfort 45は、とくにアコースティックな音楽との相性が抜群。透き通るようにクリアで解像度の高い音質で、沈み込むような低音の深みも併せ持ち、まるでコンサートホールで聴いているような錯覚を覚えます。

ハイブリッド方式のノイズキャンセリングで静粛性は抜群。
各種操作はアプリまたはボタン操作になっています

内側と外側にあるマイクで周囲のノイズを打ち消す『ハイブリッド方式』のノイズキャンセリング機能を搭載。ほかのトップクラスのノイズキャンセリングヘッドホンと比べ、特に強力、というわけではないですがSONY WH-1000XM4と比べても、まったく遜色ないレベル。

筆者が特に関心したのは、外音取込みのAwareモードとノイズキャンセリングのQuietモードの両者で音質に違いがほとんど生まれないところ。他のノイズキャンセリングヘッドホンでは、モードの違いで音質が変わるのはもはや当たり前だと思い込んでいましたが、QC45はその常識をいい意味で覆してくれました。

ベア三郎
ベア三郎

個人的に半年間使い続けていますが、着け心地の良さも最高ですよ♪

SHURE AONIC 40

amazon.co.jp

プロ用マイクの世界的メーカーのヘッドホン

amazon.co.jp

SHUREといえばマイク。どこの音楽スタジオにもあって、音質は折り紙付きというメーカーが生み出すワイヤレスヘッドホンです。

元の音源を限りなく忠実に再現してくれるので、アーティストが伝えたかった音像を正確に伝えてくれます。

絶対的マイクメーカーが生み出すスタジオクオリティのサウンド

世界中のアーティストが愛用しているSHUREのマイク。ボーカルだけではなく、ギターやドラムなどの楽器もマイクで録音するときはSHUREというケースは珍しくありません。

ヘッドホンの音質はドライバユニットの大きさも重要。そんな「SHURE AONIC 40」には、40mmの大口径ドライバユニットが搭載されています。大型ドライバにより、よりダイナミックで臨場感あふれるサウンドが得られるようになっています。

専用アプリが使いやすい

専用アプリ「ShurePlus PLAYモバイルリスニング」を使えば、ノイズキャンセリングや外音の取り込みのレベル調整や、イコライザーによる音質のカスタマイズが可能。

多彩なコーデックに対応

「AONIC 40」は多彩なコーデックにも対応。SBCやAACはもちろん、aptX、aptX HDなど合計4種類のコーデックに対応しています。iOSでもAndroidでも最高の音質で音楽が楽しめます。

ベア三郎
ベア三郎

世界中の音楽スタジオで愛され続けるプロ御用達ブランド!

主な特徴
・ノイズキャンセリング搭載、ハイレゾ対応
・重さ:313g
・連続再生時間:最大25時間
・Bluetooth標準規格 Ver.5.0
・対応コーデック:SBC, AAC, aptX, aptX HD

AKG K371-BT-Y3

amazon.co.jp

プロ向けヘッドホンの実力は本物

AKGのプロフェッショナル向けヘッドホンより、初となるBluetooth接続に対応したヘッドホン。有線接続できて、じっくり高音質で音楽を楽しみたい時にも対応できます。

50mmの大口径ドライバと高品質なパーツを採用し、さらに3年保証まで付いてきて、コストパフォーマンスに優れています。

音楽制作現場に欠かせないモニターヘッドホンとしての実力

音質はいい意味でフラット。録音された時の正しい音の位置とバランスのよい帯域を忠実に再現。

有線でつなげば、スタジオでの厳格な音響チェックにも耐えうる、モニターヘッドホンと呼ばれるクオリティで音楽を楽しむことができます。

ベア三郎
ベア三郎

ノイズキャンセリング機能はありませんが、その分、音質に劣化はありませんし、プロ用ヘッドホンがお得なお値段で購入いただけるのが魅力です。

主な特徴
・重さ:398g
・連続再生時間:最大40時間
・Bluetooth標準規格 Ver.5.0
・対応コーデック:SBC, AAC, UHQ

Panasonic RP-HD610N

amazon.co.jp

機能満載ながらお買い得な価格帯が魅力!

各レビュー雑誌で高評価連発の『Panasonic RP-HD610N』。これまでのPanasonic特有の男らしいデザインとは一線を画す流線形の美しいデザイン。

ベア三郎
ベア三郎

2万円を切っていながらANC+ハイレゾ対応とコスパの良いモデルです!

Googleアシスタンスに対応

ヘッドホンをつけながら、話しかけるだけでGoogleアシスタンスが様々な情報を教えてくれます。道案内だったり、今日の天気はもちろん、リアルタイム翻訳だってしてくれるんです。

ワイヤレスでもハイレゾ級の音質

ハイレゾ音源を忠実に再生するため、高品位パーツを惜しげもなく採用。さらに高音質コーデックとしてLADCとaptX HDに対応しており、ワイヤレスでもハイレゾ級の音楽が楽しめます。

アプリで簡単設定

専用アプリ『panasonic Audio Connect』を使えば、スマホから簡単に設定やEQ調整が行えます。操作性も抜群なので、初心者にもやさしい設計となっています。

主な特徴
・ノイズキャンセリング搭載、ハイレゾ対応
・重さ:275g
・連続再生時間:最大24時間(NC ON時)、最大25時間(NC OFF時)
・Bluetooth標準規格 Ver.4.2
・対応コーデック:SBC, AAC, aptX,aptX HD, LDAC

コメント