【これ1本で3次元・立体音響】SONY HT-X8500って実際どうなの?音楽ブロガーが使い勝手や音質を徹底チェック!

みなさん、こんにちは。数々のサウンドバーを実機レビューしているベア三郎です!

デュアルサブウーファー内蔵で大迫力の重低音が楽しめ、3D次元・立体音響「Dolby Atomos・DTS:X(R)」に対応している「SONY HT-X8500」。

ランク的には、ビギナークラスのサウンドバーより1万円ほど高い値段設定で、ビギナークラスとミドルクラスの中間を狙った珍しいモデルと言えます。

この記事では、「SONY HT-X8500」の概要や使用感について徹底レビュー。ライバル機となる他社モデルや、上位モデルの「SONY HT-G700」との違いについても詳しくお伝えします。

ベア三郎

サウンドバーの購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてください!

SONY HT-X8500
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • ドルビーアトモス・DTS:X対応
  • サブウーファー内蔵
  • 豊富なサウンドモード
  • IRリピーター内蔵
デメリット
  • 3Dサラウンドが聴こえる「スイートスポット」は限定的
\今だけポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す
目次

SONY HT-X8500の特長

1本で迫力の重低音。2つのサブウーファーユニットを内蔵

SONY HT-X8500」サウンドバーの特徴は大きく分けて2つあります。その一つがデュアルサブウーファーを内蔵している点です。サブウーファーとは、低音専用のスピーカーユニット。低音に特化した作りになっているため、通常のスピーカーでは実現不可能なシアター級の重低音を響かせることができます。

パンチンググリルもかっこいい

SONY HT-X8500」では、そんなサブウーファーユニットをセンターに2つ搭載。バーの両サイドには「バスレフポート」を設け、低音をさらに補強しています。

3次元・立体音響「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」に対応

2つ目の大きな特徴は、最新の3次元・立体音響フォーマットである「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」に対応している点。NetflixのUHD 4K対応コンテンツや、Apple TV+の対応コンテンツなら、圧倒的な3D音響体験が可能になります。後述のソニー独自のサラウンド技術により、未対応のコンテンツもサウンドバーとは思えない臨場感が味わえます。

ソニー独自の技術で臨場感あるサラウンドサウンドを実現

出典:https://www.sony.jp/

ソニー独自の高さ方向の表現力を加える「Vertical Surround Engine」と前後左右方向の表現力を加える「S-Force Pro Front Surround」を搭載。2つのフロントスピーカーだけで、3次元の立体音響を実現します。

また、コンテンツが「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」のどちらにも対応していない場合でも、可能な限り3次元・立体音響を再現。テレビスピーカーとは、明らかに臨場感が異なります。

ただし、3Dサラウンドの効果が実感できる「スイートスポット」は限定的なので、視聴する位置に気を配る必要があります。

ベア三郎

ソニーの3次元・立体音響技術はさすが。まるで映画館みたいです♪

原音に忠実なサウンドを実現するデジタルアンプ「S-Master(TM)」

出典:https://www.sony.jp/

SONY HT-X8500」では、上位モデルである「SONY HT-G700」にも搭載されているソニー独自のデジタルアンプ「S-Master」を搭載。サウンドバー筐体内での音質劣化を最小限に抑え、原音に忠実な再生を実現しています。映画などの高品質な音声はもちろん、テレビ番組の音も1ランク上のサウンドに早変わり。

テレビの前のスペースに置きやすいスリムサイズ

出典:https://www.sony.jp/

サブウーファーユニット内蔵型のオールインワン・サウンドバーながら、コンパクトなのも嬉しいポイント。手持ちのHT-G700に比べても、かなりスリムで画面が反射しにくい表面の革シボ加工により、反射も抑えて視聴を邪魔しないデザインになっています。

背面にあるIRリピーター

また、リモコンの赤外線センサーをバイパスする「IRリピーター」も搭載。サウンドバーが邪魔になって、リモコン操作が届かないなんて事態は心配無用ですよ。

\今だけポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

SONY HT-X8500の主な仕様

外形寸法(約)890mm X 64mm X 96mm (幅x高さx奥行き)
スピーカー構造2.1ch (内蔵サブウーファー)
スピーカーユニット(フロント)52mm X 90mm (40W + 40W)
サブウーファー52mm X 90mm (80W)
HDMI入力端子数/出力端子数 1 / 1 (eARC/ARC)
※Dolby Atmos, DTS:XはeARCのみ対応
Bluetooth5.0 (AAC, SBC)
サラウンドS-Force PRO
Vertical Surround Engine
Dolby Speaker Virtual
DTS Virtual:X

光デジタル入力にも対応していますが、Dolby AtmosとDTS:Xは非対応になります。Dolby AtmosおよびDTS:Xで本格的な3次元・立体音響フォーマットを楽しみたい場合は、対応テレビもしくは最新のApple TVなどをeARCに接続して使いましょう。

使用感について

TVスピーカーに戻れなくなる圧倒的な臨場感

SONY HT-X8500」の価格的には、入門クラスとミドルクラスの中間ということもあり、TVのスピーカーとはあきらかな違いがでます。音の情報量がとても多く、解像度が高いと表現すればいいでしょうか。普段のニュース番組でさえ、ライブ感が出ています。

ドラマや映画になると、本領を発揮。特に、NetflixのUHD 4K対応コンテンツや、Apple TV+の対応コンテンツを再生した時には、Dolby Atmosが有効になり、まるで映画館のような臨場感が味わえます。

サブウーファーユニットは内蔵型ですが、独立型に匹敵するド迫力。夜間は近所迷惑になってしまうので、サブウーファーの音量には気を付けてください。

ジャンルに合わせて選べるサウンドモードが楽しい

SONY HT-X8500」には、さまざまなジャンルに合わせて音質を変えることができます。「シネマ」モードを選ぶと、360度音に包まれる没入感が体験できたり、「スポーツ」モードでは、まるでスタジアムで観戦しているかのような雰囲気が再現されつつも解説者のナレーションもクリアに聴くことができます。「SONY HT-X8500」はこれらのモードが非常に作りこまれており、筆者も常にリモコンが手放せない状況です。

同価格帯との違い

SONY HT-X8500」は執筆時点で3万円後半というお値段です。同じくサブウーファー内蔵で3Dサラウンドに対応している「YAMAHA YAS-109」が約2万円、ドルビーアトモスに対応した「DENON DHT-S217」なら2万8千円ほど。

ちょうど入門機とミドルクラスの間という他メーカーには無い価格帯ではありますが、3台とも実際に購入している筆者の意見としては、やはり「SONY HT-X8500」が頭一つ抜けている印象です。

ベア三郎

便利なIRリピーターが付いているのも「SONY HT-X8500」のいいところ。

\今だけポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

上位モデル SONY HT-G700との違い

筆者も愛用中の「SONY HT-G700」の実売価格は執筆時点で約6万円です。「SONY HT-G700」は最大の特徴として、サブウーファーが独立型。圧倒的な重低音で、アクション映画好きには堪らないサウンドバーです。また、全体的なサウンドもワンランク上の音質。もし予算が許すなら、筆者としては「SONY HT-G700」をおすすめします。

SONY HT-X8500はこんな人におすすめ!

SONY HT-X8500」は、デュアルサブウーファーを内蔵し、最新の3次元・音響フォーマットである「ドルビーアトモス」と「DTS:X(R)」の両方に対応した、まさにオールインワン(全部入り)・サウンドバーです。

競合サウンドバーと比較した結果、素直に値段なり、というのが筆者の結論です。

YAMAHA YAS-109」<「DENON DHT-S217」<「SONY HT-X8500」<「SONY HT-G700

ベア三郎

SONY HT-X8500」はこんな人におすすめ!

  • 最新機能を揃えつつも、3万円台に収めたい方
  • とにかくコンパクトにしたい方

まとめ

今回は大人気サウンドバー「SONY HT-X8500」の実機レビューをお届けしました。ホームシアター級のサウンドを1本のバーにまとめた非常に優秀なモデルです。特に、ドルビーアトモスに対応したコンテンツでは、はっきりと立体音響の恩恵が味わえたのは驚きでした。映画好きには嬉しいサウンドバーであることは間違いありません。

一方、何本ものサウンドバーを試してきた筆者としては、サウンドバーもやはり値段なりというのもわかってきました。「SONY HT-X8500」はその中でも、ズバ抜けてコストパフォーマンスが良い、というわけではないですが、音響マニアも十分満足できる仕上がりとなっており、最初の1本として自信を持っておすすめできます。

以上、ベア三郎でした!

\今だけポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

多趣味なクマです。複数の国家・ベンダー系IT資格保持者で、ギター・ピアノは20年超のキャリアがあります。小さなキーボードを駆使し、ガジェット / 家電 / 音楽 / 食べ歩き / キャンプについて語ります。レビュー依頼やご質問はお気軽にお問い合わせフォームまでどうぞ。

》レビュー・監修実績はこちら
》運営者情報はこちら

コメント

コメントする

目次