【最大2.5%還元】Amazonギフト券チャージキャンペーン!

踊れるロックの頂点。The Prodigy歴代ヒットソングまとめ!

エレクトロ

こんにちは、ベア三郎です😁

洋楽好きは絶対に押さえておきたいおすすめの洋楽バンド!ロックとテクノの融合のまさに先駆者的な存在である「The Prodigy(プロディジー)」の代表曲をまとめました!

思わずニヤッとするような、どこかで聴いたことがあるサンプリングが盛りだくさんですよ。

The Prodigy(プロディジー)ってこんなバンド

メンバー
・prog,key,syn リアム・ハウレット
・additional vocals、beatboxing マキシム
元メンバー
・lead vocals キース・フリント(2019年3月4日死去)

楽曲のすべてを担うリーダーのリアム・ハウレットを中心に、奇抜なヘアスタイルのキース・フリント、マキシムと共に1990年イギリスのエセックスで結成されました。

翌年にイギリスの超有名インディー・レコードレーベルである「XLレコーディングス」と契約して次々にシングルをリリース。

現在までに1992年の1stアルバム「Experience」から、2015年の6th『THE DAY IS MY ENEMYまで6作のアルバムを発表しています。

Voodoo People

Song by The Prodigy

疾走感のあるビートとゾクゾクするギターリフがたまらない。この強烈なギターリフはNirvanaの「Very Ape」をサンプリングしたもの。ほかにもLed Zeppelinの「Whole Lotta Love」からたった2拍のギターリフを拝借していたりします。1994年リリースの2ndアルバム「Music for the Jilted Generation」収録。

Charly

Song by The Prodigy

同2ndに収録。いい感じのアクセントになっている「チキチキドゥンタッ!チキチキドゥンタッ!チキチキドゥンタッ!」はあのJames Brownの「Godfather Runnin’ The Joint」からのサンプリング。

Out Of Space

Song by The Prodigy

続いてこちらも2ndアルバム「Music for the Jilted Generation」収録。こちらのサンプリングはジャマイカのレゲエミュージシャンMax Romeoの「Chase The Devil」とUltramagnetic MCsの「Critical Beatdown」を中心に構成されている。

Poison

Song by The Prodigy

サンプリングの定番中の定番「Amen Break」を用いた作品。これまた2ndアルバムから。うーん、2nd名曲多し!
「あー、これ聴いたことある」って感じの定番サウンドなのでサンプリング元も聴いておくといいです。
「The Winstons – Amen, Brother (1969)」

Firestarter

Song by The Prodigy

全世界で1000万枚売れた3rdアルバム「The Fat of the Land」より。キースの逆モヒカンがアツい。お気付きだろうか、なんとボーカルはサンプリングではなくキース本人。ドラムはTen Cityの「Devotion (The Voice Of Paradise Mix) 」からのサンプリング。

Breathe

Song by The Prodigy

こちらも同アルバムから。サンプリング元から明かすとThe Spencer Davis Groupの「I’m a Man」であり、曲全体の骨格を成す。これもキース本人がボーカルをつとめる。

Girls

Song by The Prodigy

4thアルバム「Always Outnumbered, Never Outgunned」より。印象的なシンセとファンクなベースが絡み合う1曲。結構好き。

Omen

Song by The Prodigy

5thアルバム「Invaders Must Die」の代表曲。Prodigyとしての代表曲とも言える。Prodigyでこのアルバムが一番好き。買うべし。

Nasty

Song by The Prodigy

最新アルバム「The Day Is My Enemy」の先行配信シングル。6枚目もとどまることを知らず攻撃的なサウンド。商業的なEDMポップミュージックに対抗したいんだとか。ロックだわw

まとめ・感想

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

クラシックの英才教育を受けて育ち、多感なハイスクール時代にクラブDJの経験を積んだリーダーのリアム。サンプリングを駆使した攻撃的なサウンドとは裏腹に、緻密に計算され尽くした構成にいつも驚かされます。

コメント