>>【最大2.5%還元】Amazonギフト券チャージキャンペーン!

はじめてにおすすめするDJ Shadowの良曲まとめ!

ヒップホップ

アメリカ ヒップホップ・ブレークビーツ界の重鎮『DJ Shadow』のこれだけは押さえておきたいおすすめナンバーをご紹介。

サンプリングだけで作り上げた脅威のデビューアルバム『Endtroducing…』が世界中で大ヒットし、イギリスの音楽雑誌「NME」が「サンプラーを持ったジミ・ヘンドリックス」と称したエピソードでも有名です。

Massive Attack(マッシブ・アタック)やPortishead、ColdCutらと並び、アブストラクト・ヒップホップというジャンルを確立したアーティスト。大変なレコードマニアで、『King Of Diggin'(レコード掘り)』とも呼ばれています。

それではDJ Shadowの必聴ナンバーをどうぞ♪

Nobody Speak feat. Run The Jewels

Song by DJ Shadow

2016年リリースのアルバム『THE MOUNTAIN WILL FALL』収録。アメリカのヒップホップ・グループ『Run The Jewels』とのコラボナンバー。
首脳会議の場が荒れに荒れていく。アメリカ国旗を振りかざし、とどめを刺そうとするも…。

『THE MOUNTAIN WILL FALL』は現在SoundCloudで全曲聴くことができます。

Midnight In A Perfect World

Song by DJ Shadow

デビューアルバム『Endtroducing…』より。ずっしり響くビートにどこか悲しげなピアノの旋律がいいアクセントになってます。

This Time (I’m Gonna Try It My Way)

Song by DJ Shadow

2006年リリースのアルバム『The Outsider』より。この渋いボーカルは閉鎖されたスタジオに取り残されていた誰かのデモテープを元にしているとのこと。このままリリースされていても、売れただろうに。。。世に出ることなく、静かに眠っていたサウンドに日の光を当てたDJ Shadowはやっぱりすごいです。

Walkie Talkie

Song by DJ Shadow

2002年リリースのアルバム『the private press』より。多大な評価を得た1stアルバムから6年後の作品です。こちらも全曲がサンプリングだけで構成されています。

6年を費やした背景には、やはり1stとは違った音楽にしたいというDJ Shadowの頑なな思いがあったからなのかもしれません。

The Sideshow feat. Ernie Fresh

Song by DJ Shadow

『THE MOUNTAIN WILL FALL』からの1曲。ドラムループをベースに、いくつものレコードを紡いで構築されるサウンドが絶妙すぎます。

Scale It Back ft. Little Dragon

Song by DJ Shadow

2011年リリースのアルバム『The Less You Know, The Better』より。スウェーデンのロックバンド『Little Dragon』をゲストに迎えた美しい1曲。日系スウェーデン人の”Yukimi Nagano”の神秘的な歌声が印象的。

Six Days

Song by DJ Shadow

2002年リリースのアルバム『The Private Press』からのリード・シングル。『Colonel Bagshot』の『Six Day War』をサンプリングの元ネタとしたナンバー。

Terry Reid – Listen

Song by DJ Shadow

このソウルフルなボーカルはイギリスのロックボーカリスト”Terry Reid”。60~70年代にLed ZeppelinやThe Yardbirdsなど名だたるバンドからボーカリストとして指名された経歴の持ち主。

この曲はアルバム曲には入らず、ベスト盤『Reconstructed: The Best Of DJ Shadow』に収録されています。

まとめ・感想

『Endtroducing…』は狂ったように聴きまくったアルバムの一つです。実は2nd以降は、当時の私の耳にはなぜか引っかからず、別ユニットの『UNCLE』や、同じくアブストラクト・ヒップホップの作ってきた『Cold Cut』に興味を奪われていました。が、2016年のアルバム『THE MOUNTAIN WILL FALL』はどこか90年代回帰的なサウンドになっていて、また心に刺さった感じで聴きまくっています。